2018年04月18日

事実は一つ!?。

 このところ政界・各省庁・スポーツ界を取り巻く周辺で、疑念・疑惑問題や暴言、ハラスメント等々諸問題が様々なメディアで取り上げられているが、多くの件の事実はいまだ闇の中である。
 2年前の2017年1月20日、トランプ大統領が第45代アメリカ合衆国大統領に就任して以来、各国でメディアの信憑性が問われている中、日本でも「何が事実なのか・・・・」が取りざたされ、国会は勿論、報道機関等々で連日、質問、返答の嵐である。世論調査による内閣支持率は急降下しはじめた。
 数日前の日経では、デジタル化よるインタネット普及がもたらした様々なメディア(プラットホーム等々)の信頼性について触れていた。
 伝統的なメディア(新聞・雑誌等の活字メディア)であれソーシャルメディア(SNS等々)であれ、その信頼性こそがメディアの基盤になければならないと・・・・。
 日本では所謂、ジャーナリズムの信頼度は、プラットホムに比べると4%ほど高い41%である。アメリカでもトランプ大統領の活用するSNSの信頼度は半数程度だ。
 デジタルメディアの速報性や大量データの公開力は紙メディアの比ではない。がしかし、新聞の一覧性の良さである偶然目に飛び込んでくる記事からの個人にとって価値ある情報を得る機会(セレンディピティ)は、デジタルメディアでは比較的少ない。オンディマンド(必要に応じて)だからである。
 重要なのは、紙にしろネットにしろ、質の高いコンテンツを提供できるか否かである。そもそもオルタナティブファクト(もう一つの真実)たる<曖昧なの言葉>が、堂々と報道されること自体、不思議なグローバル世界になっている。それぞれの考え方や見解はあるにしても、紛れもない事実は一つに違いないと思う今日この頃である。
posted by あうる at 19:25| Comment(0) | ニュース

2018年04月13日

社長の雑記帳


posted by あうる at 19:01| Comment(0) | 来し方行く末

2018年04月12日

どんな老後がいいのか!?

 「どんな老後がいいのか・・・・。」人それぞれであるが、個人的には年代によってもかなり変化してきているようだ。40代後半のころ、会社を経営していた友人たちの多くは、60歳で仕事を辞め、海外に移住すると言っていたものもいれば、趣味三昧で老後を楽しむ、晴耕雨読でのんびり過ごす等々、還暦以降も働き続けるというものは、私の周辺で意外とは少なかったのだが・・・・。
 その後20年経ち、どうなったかというと、友人たちのほとんどはいまだに仕事に関わっている。1990年代はバブル崩壊(1991年)後も依然として地方では右肩上がりの余韻が続く。そして21世紀はデフレ不況の幕開けとなった。一気にあらゆる市場が縮小し始めた。
 最近、ようやく後継者が育ちはじめ、仕事を退き始めたものもいるが、統計によると道内企業の74%は後継者がいないとのことである。「老後を楽しむ。」という熟年の定番だったキャッチ・フレーズは何処へ行ってしまったのか・・・・。年金支給の先延ばしや厚生年金基金の崩壊等々、特に団塊の世代の高齢化の伴う就労・引退は生産年齢人口に大きな影響を与え始めたのだろう。
 さて、我々団塊は「どんな老後を送るべきなのか・・・・」。ここ数年の生産年齢人口の急激な減少は、働き方の問題、定年延長、年金需給の先送り等々にとどまらず、AIや自動運転等の分野にも急成長をもたらしている。とは言え、やはりこの国は老若男女総動員で働かなければ、豊かで、ゆとりある生活は、成り立たないのだろうか・・・・。
posted by あうる at 17:07| Comment(0) | 事件