2017年11月09日

現実と幻想の狭間で・・・。

 2年程前に制作会社の経営にピリオドを打ち、ご夫婦でゴルフにいそしんでいるSさん。仕事から離れた直後、大病を患ったが、今はすっかりお元気になり、つい最近までゴルフを楽しんだようだ。今年は私の腰の具合が芳しくないので、あまりお付き合いできなかった。
 それでも時折り昼食をご一緒させていただき、様々な視点から的確なアドバイスを受けた。本当にありがたい。私より4歳年上にもかかわらず、気楽にお話しさせていただいているのも、Sさんの人柄の良さによるところが大きい。
 40年近くこの業界に身を置き、私の年代の多くは右肩上がりの経済成長を謳歌してきた世代だ。道新で7回にわたり連載されていた拓銀破綻時の頭取だった方の特集を読むと、その時期に巡り合せた責任ある方々が、たまたま貧乏くじを引いたとか、運がいいとか悪いとか、そんな単純な問題ではない。
 原因と結果の法則から言えば、世間一般(従業員も含め)には盤石に見えた拓銀という巨大な組織そのものが、実は構造的に脆弱だったということであろう。その結果、当時の拓銀に狂乱した時代を修正する不思議な力(金融浄化)が期せずして(?)働いたのだろうと思う。
 あのバブルに浮かれていた時期でも、全くその恩恵を受けることもなく、淡々とかつ堅実に経営してきた会社も少なくない。80年代から90年代にかけての経済成長が庶民的な本当の意味での幸せをもたらしたかどうかは、30年経った今でもはなはだ疑問は残る。
 今日も株価は上がり、景気は高揚している風ではあるが、我々地方の中小企業の経営者は<現実と幻想>を正確に把握することが大事だと思うのだが・・・・。
posted by あうる at 21:39| Comment(0) | 経済

2017年10月31日

慌ただしい10月だったが・・・。

 例年、弊社の場合は10月は名実ともに慌ただしい月であるが・・・・。今年に限って、思いのほか実がつかない月になりそうだ。手帳を見ながら振り返ると個人的にはめまぐるしい月だったし、社内的にも様々な偶然が重なり、妙な充足感が残った月だった。最近では珍しい。
 とはいえ、残すところあと2ヶ月あまり。昨日は日ごろお世話になっている金融機関を3行ほど足を運び、第3四半期の報告。四半期ごとに報告に来る弊社を快く迎えてくれる。ありがたいと思う。
 さて、土壇場での追い込みはどうなるものか・・・・と、いつもながらの結果予想をしてみるものの、野球の世界のような逆転サヨナラホームランなんてことは、我々の業界ではそうないことだ。
 フランスの生物学者・パスツールの言うように「準備された心にこそ幸運が訪れる。」のであって、セレンディピティとは単なる偶然ではないということだ。やはり日ごろからコツコツと「戦略」「決定」「計画」「実行」を繰り返すことしか、小さな運を引き寄せることは難しいのかもしれない。
 それにしても今年の10月は、色々あったひと月だった。勿論、良くも悪くも充実していたということで・・・・。

posted by あうる at 16:22| Comment(0) | 印刷・出版

2017年10月29日

思いがけない葬儀。

 街路樹が黄色に染まり、道路沿いの落葉が風で舞い上がる中、早朝に車を走らせた。色とりどりの紅葉が彩る瀟洒な住宅街を抜け、絵画のように美しい光景を眺めながら・・・・、葬儀場に向かった。昨日の通夜に引き続き、知人の告別式に参列するためだ。晩秋から初秋に向かう季節感もあいまって、侘しさはひとしおである。
 仕事上で知り合って5年。彼にはすっかりお世話になった。病状の経過は数年前に聞いていたが、日常、体調不良の素振りも見せない。とにかく慌ただしく思えるほど道内を東奔西走。時折、体調のことを訪ねても、「大丈夫です。」と微塵も不安を感じさせない。今思えば、体力も精神力も私の想像をはるかに超えていた。
 2日間葬儀に参列して、長期にわたる闘病の期間を知った。ご本人は勿論、ご家族全員で病気と戦い抜いた数年だったことを思うと、公私ともに悔いのない日々を過ごし、愛情豊かな家族の絆を築き上げたのだと思う。
 私とは数週間前のメールのやり取りが最期になった。残念なことに、先月の友人の訃報に続き、またぞろ会いそびれてしまった。それにしても55歳で逝ってしまうのは、余りに早い。 合掌。
posted by あうる at 20:59| Comment(0) | 健康