2018年05月01日

リスペクトする気持ちが大事!?

 先日、50年来の友人と会う予定をしていたが、急遽予定変更を余儀なくされ、時間を持て余してしまった昼下がり。偶然、某会のメンバーで20年ほどお付き合いのある方とお会いする機会を得た。私より10歳ほど年上の方だが、なぜか妙に馬が合い気楽にお話の出来る先輩である。
 たまたま話がご本人の先祖のヒストリーに及び、普段聴くことのない先祖代々の話をじっくりと聴かせていただいた。永いお付き合いをしていても、その方の家系のことまで詳しく知らないことは、そう珍しいことではない。
 デジタルの世界では、通り一辺のお付き合いにも拘らず、あたかも昔からの親しい間柄と思えるほどの親近感を持ったり、ややもするとあろうはずもない信頼関係が構築されていると勝手に思い込んでしまいがちだ。そんなことが複雑な事件に巻き込まれる要因にもなっている。
 さりとてあまりに懐疑的になってしまうと、個人的の付き合いの幅が狭くなったり、物事を判断する上で、客観的事実とフェイクニュースの見極めがつかないことにもなりかねない。最近のグローバル社会の傾向だ。
 さて、南北首脳会談も大詰めに入り、両首脳は様々な問題を話し合ったようである。ひょっとすると日本の拉致問題も解決の糸口がつかめるかもしれない。事実、そんな期待を持たせてくれる発言もある。
 何が事実で何が真実であるかはともかくとして、双方打ち解けて話をするということは、年齢を問わず相手をリスペクトする気持ちがなければ、成り立たないだろうと思う。
posted by あうる at 09:32| Comment(0) | 出会い

2018年04月27日

社長の雑記帳


posted by あうる at 19:01| Comment(0) | 来し方行く末

2018年04月26日

頑張れ!街の本屋さん!

 砂川市にある「いわた書店」、NHKの人気番組「プロフェショナル仕事の流儀」で紹介されていた。これまでに様々な報道番組で紹介され、すでにご存じの方も多いと思うが、12年ほど前に友人から「この金で自分が読みたくなるような本を選んでほしい。」と頼まれたのがきっかけだったという。
 その後「1万円選書」として全国的に話題となり、注文が殺到。今では3,000人待ちという超人気の企画商品である。バブル崩壊後、出版業界は’98年をピークに下り坂。今もなお、地方の街の本屋さんの廃業は引きも切らず続いている。
 店主の岩田徹さんのもとには、「人生を救われた」とか「運命を変えてくれた」という感謝の手紙が寄せられているそうだ。かつて店先に本を並べるだけで売れていた´70年代〜´90年代。不況知らずの出版関連業と言われたこともあったが、デジタル化の勢いはすべての業界に大きな影響を与えている。。
 21世紀に入り、出版関連業は更なる苦境の時代に突入している。そんな中、岩田店は推薦する本を自らすべて読み、依頼者の求めている本を探し、推薦する。氏の日常を番組を通して拝見した。過酷とも思える日々の活動には頭が下がる。読書に費やす時間も含め、とてつもない作業だと思うが、本を受け取った方々に感謝されることを生きがいとしているのであろうか・・・・。
 地域文化を支える街の本屋さんとして、末永く頑張っていただきたい。

posted by あうる at 12:16| Comment(0) | 地域