2018年09月09日

社長の雑記帳


posted by あうる at 19:01| Comment(0) | 来し方行く末

2018年09月08日

社長の雑記帳


posted by あうる at 19:01| Comment(0) | 来し方行く末

まさかの胆振東部地震――。

 6日明け方3時08分頃、今まで体験したことがないドーンという音と振動で私の寝ている横にある本棚の本が、一斉に枕元になだれ込んできた。しばし茫然。テレビ、鏡台はひっくり返り、ようやく非常の懐中電灯の設置場所を見つけ、それをもって、恐る恐る2階の踊り場にでると本、花瓶、額縁が散乱。女房も私も仰天。懐中電灯を当てながら、1階に降りるとテレビは倒れかけ、額縁、置物と一部食器が散乱その後、災害用のラジオで情報を取り、あらためて地震の大きさを感じたしだい。
 震源地に近い厚真(あつま)町で震度7を記録し、千歳・恵庭・北広島・札幌周辺では5〜6の震度を記録している。お亡くなりになった方々には、心からご冥福をお祈りしたい。地震について、気象庁は「平成30年北海道胆振(いぶり)東部地震」と命名したと発表された。
 当日6日朝6時過ぎに車で自宅を出発。勿論信号は無灯のままで、一部警察の方が十字路で、四方から来る車をさばいてくれた。ほんとうに感謝です。おかげでノロノロ運転ではあったが、何とか40分で会社到着することができた。
 会社内に足を踏み入れると、唖然!正直、想像を絶する散乱状態だった。私の部屋は机は後方に倒れ、PCは床に転がり、書棚の本は床に散乱。足の踏み場のない見るも無残な状態。勿論、会議室、応接室は書棚が多いので、申し上げるまでもなく、気が遠くなるような散乱状態だった。
 一番心配していた工場の電気系統のサーバーやコンピュータ、印刷機械等々。パソコンを含めてコンピュータ関連機器は幸いなことに難を免れたが、印刷機械はかなり位置がずれたり、躯体が曲がったり、事態はかなり深刻。7日から8日にかけて、メーカーのメンテナンス専門の方4〜5名来てくれたこともあり、予想以上に早く回復に向かいつつある。ありがたい。
 いずれにしても地下鉄、バス電車が止まる中、自転車や車の相乗りで半数近い幹部社員が駆けつけてくれたので、予想以上にかたずけは順調に進んだ。ほんとうに感謝です!また、この地震を知った遠方の親戚・知人・友人たちが携帯、メール、SNSで激励のメッツセージを送っていただいた。多くの皆様に、この場をお借りて感謝申し上げます。ありがとうございます。
 何としてもお客様にご迷惑をかけないよう、来週から工場が正常に動き出せるように、関係者のお力を借りて、社員全員出来得る限りの努力をしゆく所存でございます。

 
posted by あうる at 11:40| Comment(0) | 地域