2020年05月09日

どうなったの?、安倍のマスクは・・・・。

 大型連休が明けたと思っていたら、今日、明日と連続休みの会社もあり、慌ただしい5月上旬となりましたね。弊社は今日・土曜日は出勤日ですが、予定表を見る限り印刷するもがいくらかあるようです。
 それにしても先月の中旬から弊社もコロナの影響をもろに受けて、10月開催までの多くのイヴェントが中止になりました。公共の施設が封鎖されているのだから、規模の大小はあるけれど、会期のある展覧会やコンサート、学会等々の集まりは、ほとんど中止か延期になりました。
 最近では4月24日から5月29日に延期になった白老のウポポイ(民族共生象徴空間)のオープンは、更に延期になりそうです。第2波が来ていると世界的にも注目されていた北海道。ここ数日の感染者データを見ていると、かなり終息傾向に向かいつつあるようです。
 少しでも早く小規模事業者の店舗が開店にこぎつけてもらいたいと思う一方で、政府は彼等へ救済金の支給を急いでいただきたい。今朝のニュースを見ていても、まだ入金していないと心待ちにしている若手経営者も少なくない。Hurry up !
 天気は上々の五月晴れ。風も爽やか、空気も新鮮でおいしい。にもかかわらず社内外を問わず、マスクを付けて出歩くのは息苦しい。人と会って打ち合わせするのも目しか見えないので、何とも微妙なな表情が読み取れず、交渉事には不都合が多い。
 いずれにしても確実に終息を実感してから、マスクを外したいものである。ところで「安倍のマスク」はどうなったのだろうか・・・・。
posted by あうる at 08:06| Comment(0) | 政治

2020年05月05日

<7日間・ブックカバーチャレンジ>に参加して――。

 5月の連休も終盤にきて、昨日の政府の発表では「緊急事態宣言」は5月末まで続けることになるとのこと。5月6日まで頑張れば・・・、との気持ちで耐えてきた様々な業界・業種の方々の悲鳴に近い声が上がっている。特に小規模個人事業主の方々、とりわけ日銭を稼ぐ飲食業は深刻だ!テイクアウト等のお弁当の販売や宅配等々で凌いでいるものの、売り上げは3分の1以下だという。
 観光業界の裾野は想像以上に広く、加えて数年前から観光立国を大々的に打ち出していた政府としては、「緊急事態宣言」延長で被る実社会の経済崩壊の兆しをどういう手法で支えるのか・・・・。北海道の観光客の多くは、中国・香港等のアジア依存型だっただけに、コロナ感染による人的な被害(死・恐怖・不安)とその後の実体経済は悪化の一途をたどっているという厳しい現実。他県と比べてもかなり甚大な被害である。勿論、経済の悪化は業界、地域を問わず、日本全体の問題として波及しているが・・・・。
 当面の問題解決の優先順位は、医療体制の強化と中小零細企業と個人事業主の休業補償等の徹底だろうと思う。今日の道新には、「出版,書店 苦境の中で」との見出しで業界へ影響を危惧する記事に一面を割いていた。書店の閉店、休業が続くと、出版文化に大きな変化が訪れることへの懸念だろうと思う。
 一部の雑誌・書籍等々は、電子化やネット販売で対応できるが、560年の歴史がある文字・活字文化を支えてきたを印刷業や出版社、取次業、書店等々の未来はどうなるのだろうか・・・。いずれにしても本を読むという行為は、「深い思考と伝達」の原点であることに疑う余地はない。すべてのリーダーに求められる資質だ。
 今回の新型コロナウイルス感染予防による外出自粛を機に、「読書文化の普及に貢献するためのチャレンジ」としてFacebookで始まった企画<7日間・ブックカバーチャレンジ>は、友人たちの様々な読書体験を知り、存分に楽しませていただいた。参加された多くの方々に感謝申し上げたい。
posted by あうる at 19:50| Comment(0) | 交友

2020年04月29日

社長の雑記帳


posted by あうる at 19:01| Comment(0) | 来し方行く末