2020年12月31日

自粛正月も楽しからずや。

 今日は毎年恒例の30日出勤。最初に銀行にご挨拶を兼ね寄る。その足で北海道神宮と氏神神社へ参拝に行き、お札をいただく。双方とも境内の人出は、昨年に比べかなり少ない。新型コロナ感染で明け暮れた1年余りの厄払いをし、来年は多くの日本人にワクチン接種が行われ、コロナ禍の終息が早まること、日々平穏無事であること、無理かもしれないが、オリンピック・パラリンピックの開催等々をお願いした。勿論、商売の復興も・・・。参拝客の多くも同じ思いであろう。
 会社に戻り、神棚の掃除をする。お札や飾りもの等の取り換えを終えたのは、昼頃だ。自宅には2時過ぎに着き、年末年始の買い物を夕がたまでに全て終えた。明日31日は、午前中煤払いをして、午後からは、のんびりする予定。正月休み4日間は、できるだけ自宅で過ごすつもりだ。
 初めてのことだが、初詣は先日、前倒しで終えた。お節を食べ、酒を飲み、本を読み、テレビを観る。体調を考えると、適度に身体を動かさねばなるまい。ほどほどに雪が降ってくれれば、雪かきで運動不足は解消される。正に絵に描いたような巣籠正月になるかもしれない。
 ここ数年を振り返ると、年末年始はほとんど自粛生活に近い。何年も前から正月麻雀もしていない。特別美味しいものを食べたいとも思わない。日常的に食べたいものを食べてているからだろうか・・・・。年とともに食に対する感激をも薄れてきた。故に外食に出ることもない。
 さて、この正月は買い置いて積んである本の中から、何冊かチョイスして記憶に残る本と出合えれば、それで良しとしようと思う。
 
 
posted by あうる at 09:02| Comment(0) | 老境