2020年04月28日

100年前の摩訶不思議な因縁!?

 午前中、会社近くのショッピングモールに出かけた。食品売り場とATM、理容店、ペットショップを除く多くのテナントは、5月6日まで閉店となっていた。連休前とは言え、食料品売り場は閑散とした状態だ。北海道、特に札幌は日増しに感染者が増加傾向にあり、感染拡大第2波の懸念も出てきている。その影響もあるのだろうか・・・・。
 ショッピングモールを憩い、くつろぎの場所としていたご高齢の方々も行き場を失い、ストレスが溜まると思われる。デイサービス、ジム等は「3密の極み」であるとのお達しで早々と閉店。最後まで粘ったパチンコ店も徐々には閉店を決めたようだ。業種を問わず、それぞれの業界事情と個々のお家事情もあり、緊急時であるとの一括りでは如何ともし難い。あえて言えば、民主国家であろうとも、緊急時には国や自治体が強制力がを行使すると同時に、それに見合った強力な支援を施すことは、言を俟たないであろう。
 日経の昨日の記事を参考にさせていただくと・・・・、100年前のスペイン風邪は1918年から21年までに3回の流行があり、日本の人口5,600万人のうち4割に当たる2,000万人が感染し、40万人近く亡くなったいう。テレビもラジオ、勿論、スマホなどない時代である。国を挙げて予防対策に乗り出し、「近寄るな、咳する人に」「うがいせよ、朝な夕なに」「マスクをかけぬ命知らず!」との標語を書いたチラシやポスターを大量に配ったそうである。
 今のように健康保険制度などない時代である。官民挙げて貧困層へ無償の協力体制があったという。18年に「平民宰相」と呼ばれた原敬内閣が発足し、その流れが「自由と平等」を目指す大正デモクラシーにつながっていったのだ。奇しくも、原敬の出身は、未だ一人も新型コロナ感染者が出ていない岩手県盛岡市であるのは、魔訶不思議な因縁なのだろうか・・・・。
posted by あうる at 21:03| Comment(0) | 歴史

2019年12月23日

信用と信頼

 先日、金融関係の交友会で知己を得た方で、その後お仕事でも大変お世話になっている会社の会長さんが、挨拶を兼ねて弊社を訪ねてくれました。本来ならば、こちらから出向くのが筋なので、年末の挨拶回りの予定をを立ていたのですが、多忙なおり会長自ら弊社に足を運んでいただいた。⒑数年ぶりの来社でした。
 最近は業界役員のもされており、なかなかお会いする機会は少ない。今回は久しぶりに長時間、多岐にわたりお話しすることができ、共通の知人の動向も再認識させていただいた。
 それにしてもこの方のお話は、いつも迫力があり楽しく聞かせていただいている。厳しい業界でありながらも、創業者として着実に業績を上げている。どの業界にも言えることだが、バブル崩壊以降、後発企業の業績の伸びが既存企業を凌いでいる傾向にある。現在日本の企業で、世界に羽ばたいている有力企業の多くは、’80年代後半から’90年代に創業した企業である。その多くは’90年代後半のデジタル化の技術の発展でICTの大躍進によるところが大きい。世界規模では、GAFAしかりである。
 勿論、IT関連の企業ばかりではなく、ユニクロやニトリのような製造販売企業が世界的な企業に伍して業績を上げ、既存の大企業が苦戦を強いられる時代なのである。ましてや既存の中小企業は、言を俟たない。
 とは言え、厳しい状況だからこそ強みを生かした企業にならねばなるまい。歴史があることは、それだけで強味とは言える時代は終わったが、地元企業にとって積み重ねてきた「地域のお客様への信用と信頼」は、何物にもにも代えがたい<財産>であることは間違いのない事実だと思う。
 
posted by あうる at 15:56| Comment(0) | 歴史

2019年12月16日

「お城めぐりの魅力」

 北海道久成会(サッポロビールの創業者で、北海道産業発展の礎を創った薩摩人・村橋久成を顕彰する会)の12月例会が昨日終了しました。今回は体調を崩された方もおられて、いつもより若干少ない20名の出席でした。出席者は、今なお現役で活躍している方々やかつて様々な分野で活躍してこられた諸先輩ら多士済々。3ヵ月に一度の例会開催で、始に会員の方の1時間ほどの講話を聴いた後、懇親会に入ります。場所は勿論、サッポロビールの聖地、サッポロファクトリー。
 今回は10年近く城めぐりをされている会員の方から「お城めぐりの魅力」と言うテーマで、講話をしていただいた。残すところ7城というから来年中には、日本の名城100城巡りに達成すると思われる。国宝の5城あり、重要文化材7城と3大山城、3大海城等々、私が全く知らない世界である。最後に見た熊本城は武者返しと言う反りかえった堅牢な石垣と城の美しさに感銘を受けたが、札幌に戻った2週間後に熊本大地震で大変な被害に遭い、ショックを受けた記憶がある。
 私が間近で観たり、登城した城は5〜6城ほどで、講話された方のその熱意と行動力には参加者の多くが感心するばかり。僅か1時間ばかりの講話でしたが、私にとって城めぐりの魅力を少しばかり知ることができ、大変貴重なお話でした。

<地震前に撮影した熊本城>
IMG_9974_R.JPG

IMG_9955_R.JPG

IMG_9971_R.JPG

IMG_9997_R.jpg


 
 
posted by あうる at 09:45| Comment(0) | 歴史