2020年01月18日

「ある構造物屋の物語」に想う。

「日本自費出版文化賞」は、今年で23回目を迎えるが、2011年の第14回の大賞は弊社で出版した「アイヌモシリ・北海道」(杉山史郎著)が651店の応募作品の頂点に立ったことがある。この年は3月11日に東日本大震災が勃発した年である。
 昨日1月17日は、阪神大震災が起きて25年を迎えた。追悼する方々の心の傷跡は25年経った今も深く残り、決して癒えることはない。被災された方々や、遺族の方々の関東大震災以来の大災害を風化させてはいけないという強い意志が、参列した一人ひとりの祈るような黙祷から感じ取られた。
 この光景を報道で何度か観ているうちに、2年ほど前、第21回「日本自費出版文化賞」を決める部門審査の選考で、「ある構造物屋の物語」(今西 宏著)と云う素晴らしい本に出合ったことを思い出した。タイトルも内容もどちらかというと地味な作品で、6部門の中の小説部門の最終審査に入選されていた。
 阪神大震災後、鉄筋コンクリート造りの建物に対する耐震審査が厳しくなり、全国で構造物の再検査が行われ来た。2005年に耐震偽装問題が浮かび上がり、2006年には、建築法が改正され、構造設計一級建築士等々の資格が設けられ、建築再審査が厳格となったという。
 本書の解説によると、「主人公有川佑介は69歳、建築物の安全性を担保する構造設計一級建築士である。がんと闘いつつ建築事務所の承継を決意し、過去に担当した医院の構造図面の不備への対処に忸怩たる思いでいる。そして若い頃、想いを寄せた院長夫人との再会する。「死」を身近にした「構造屋」の透徹した目を通して描く仕事と人生。」云々。
 私は講評で次のようなことを書いたような気がする。「作者である主人公の誠実な生き方に感動しました。主人公の極めて高い倫理観、構造設計一級建築士としての職業意識には、驚きました。文章は平易で質が高く、久しぶりに素晴らしい本に出会ったと思います。」また今思えば、事業承継をするにあたって、財産のすべてを後継者に託してゆくという彼等への想いは、解説による事業主としてなかなかできるものではない。
 著者の今西さんは、本の中では大病を患っていましたが、現在ご存命であれば、74歳くらいの年代だと思います。いかがされているでしょか・・・・。


 
posted by あうる at 10:21| Comment(0) | 書籍

2019年12月02日

また来てしまった12月。

 ここ数年、下期が始まる7月頃から決算月の12月末までのプロセスをどんな状態で迎えるのかをひたすら考え続けている。あたかも受験の当日に向けて浪人生が夏季・冬季講習で追い込み、直前の模擬試験の結果を目の当たりにしながらも、ぎりぎりまで志望校に照準を合わせ、日々勉学に励んでいるかのように・・・。
 さかのぼること⒒年前の世界大恐慌(2008年のリーマンショック)以来、如何に業績が苦しくとも粘り強く、決して諦めず、前向きな姿勢で努力し続けようと決めている。経営者である以上、当然言えば当然のことなのだが・・・・。加えて中小企業の経営者は、決算期が近づくにつれ否応なしに様々な決断を強いられる。
 さて、そんな12月が今日から始まった。やるべきこと最大限に実行して、今日を迎えたのかと幾分自虐的に自問自答してみると、やはり、「否」と言わざるを得ない。もう少しやるべきことがあったのではないか・・・・と臍を噛む想いである。
 夕方、編集者と共に私自身が1年余り関わってきた専門書の執筆していただいている女性の先生と、最終校正の打ち合わせでお会いした。実に歯切れがよく、こちらの要求にすべて快く受け入れてくれた。ありがたい。ある意味でこういう稀有な書き手の方とお会いできることは数少ない。このひと月を乗り切るエールをいただいたような気がして・・・、ご一緒した編集者と話が弾む帰りの車中のひと時だった。
posted by あうる at 21:58| Comment(0) | 書籍

2018年12月06日

本の選択と読み方の違い!?

 本の選択・読み方については、人それぞれだと思うが、外国人と日本人の本の選択や読む動機や手法が、幼児期からかなり違いがあろことを知らされ、驚いたとの話を聞いたことがある。
 娯楽小説やSF等々のエンターテインメント性が高い読み物は別として、本の選択や読む動機や手法を特別教えられていない我々日本人にとって、一般的には自分が関心のある内容の本を選ぶ習慣があり、少なくとも学びたい内容が記載された書物を選択する傾向にあるという。
 その結果、読語感が自らの体験と合致していたり、著者の考えに共感が持てることで感動を得たりすることが多いのではないかと思う。
 海外の幼児教育者によると、「実は読み手が全く経験・体験がないことや思いもつかない着想や想像がつかない心理状態を本から学ぶことこそが大事なことだ。」というのだ。
 例えば、稀有な病気を患って苦しんでいる方の心境や近年世界中に存在する難民の方々のそこに至るまでのプロセスや心理状態等々を日常外側から見て推測の域を出ないことを本を通して彼らの深層心理を知る。そのことにより、視野を広げ、多角的な視点でモノを見たり考えたりするするようになるというのだ。
 恐らく幼児期からそういう指導を受けた子供とただ単にに本を与えられ、本好きになったの日本の子供たちとは青年期に至るまでにグローバルな視点で考える習慣、判断力等々に大きな違いがでくるのかもしれない。
posted by あうる at 12:00| Comment(0) | 書籍