2021年07月09日

カラオケはまだか・・・・。

 コロナ禍以来、ススキノからすっかりご無沙汰している。かつてカラオケでよく唄っていた曲といえば、何といっても『居酒屋兆治』(高倉健主演)の主題歌「時代遅れの酒場」(加藤登紀子作詞・曲)で、ご本人の加藤登紀子と高倉健バージョンがある。お登紀さんはアップテンポで健さんはスローで説得力がある。原作は直木賞作家・山口瞳。著書「男性自身」シリーズでは、随分勉強させていただいた。山口は博打の修羅場を渡り歩いたと聞く。この曲は、未だに時々CDを聞いては、口ずさむ。映画では、ちあきなおみの演技が抜群に光った。 
 「♬マッチを擦れば、木枯らし拭いて・・・」で始まる「吾亦紅」(ちあき哲也・詞 すぎもとまさと・曲)この曲は札幌のラジオ局から流行りだしたと聞く。最後の歌詞はなんとも情けないが、曲・詞ともに胸を打つ。ちあきなおみが唄った「かもめの街」もまた、ちあき哲也とすぎもとまさとのコンビだ。シャンソンのような語りがいい。
 五木寛之が深夜ラジオ便のテーマソングとして、団塊の世代のために書いた「夜明けのメロディ」はペギー葉山の最期のレコーディング曲であろうか・・・。加藤登紀子も歌っており、どちらも素晴らしい。北へ向かう曲の先鞭をつけた「北へ帰ろう」(徳久広司作詞・曲・唄)人気ドラマ「寺内貫太郎一家2」のエンディング・ソングとなった曲だ。徳久広司は、最近亡くなった小林亜星の一番弟子である。いずれもコロナ終息後には、是非とも歌いたい曲の一つだ。
 
 
posted by あうる at 14:33| Comment(0) | 娯楽

2021年01月28日

紅灯の巷が恋しくなってきた。

 久しぶりに40年来の仕事仲間とお茶を飲む機会を得た。電話やメールではよく連絡を取っているのだが、やはりface to face で話すのが何よりである。喫茶店でそれなりのディスタンスを取って話をしていてもが、コーヒーを飲み終えるとマスクを付けるといった不慣れな動作もぎこちない。
 道内は一時の感染爆発から落ち着きを取り戻しはじめたが、やはりまだまだ予断は許さない。店内を見渡すとマスクなしで会話している若者も少なくないが、ひとり無言でくつろいでいる客は、ノーマスクである。いづれにしても風通しをよいお店なので全く気にならない。
 それにしても飲酒を伴う夜の店は、昨年11月ころからすっかりご無沙汰している。いっとき体調不良でアルコールを控えていたが、いよいよもって紅灯の巷が恋しくなってきた。オンラインも体験したが、酒はリアルに賑やかに飲みたいと思う。さて、その日は、いつになることやら・・・・。
posted by あうる at 16:06| Comment(0) | 娯楽

2020年07月25日

久しぶりに街へ―。

 久方ぶりの街への外出。大丸セントラル、三越、丸井と街中の主だったところを巡り歩いた。僅かばかりの買い物だったが、特にデパ地下での買い物は楽しい。家に戻って食べるおにぎり。格別だ!
 休日も退屈することもなく、2日ほど過ぎた。本を読んだり、ジムに行ったり、夕方からは大好きな相撲を観ながら一杯やる。これがまた、楽しいい。かつて考えてみたこともない光景だが、古希を過ぎるとこんな過ごし方も悪くない。
 少し前にデパ地下で買ってきた「栗おこわ」を平らげ、満足!満足!街中は、思いのほか高齢者が多かったような気もする。やはりデパートは若い人が集まる場ではないのか・・・と思いつつ、お元気で、お洒落な高齢者を拝見すると、何かホッとする。
 
 
posted by あうる at 15:13| Comment(0) | 娯楽