2020年05月09日

どうなったの?、安倍のマスクは・・・・。

 大型連休が明けたと思っていたら、今日、明日と連続休みの会社もあり、慌ただしい5月上旬となりましたね。弊社は今日・土曜日は出勤日ですが、予定表を見る限り印刷するもがいくらかあるようです。
 それにしても先月の中旬から弊社もコロナの影響をもろに受けて、10月開催までの多くのイヴェントが中止になりました。公共の施設が封鎖されているのだから、規模の大小はあるけれど、会期のある展覧会やコンサート、学会等々の集まりは、ほとんど中止か延期になりました。
 最近では4月24日から5月29日に延期になった白老のウポポイ(民族共生象徴空間)のオープンは、更に延期になりそうです。第2波が来ていると世界的にも注目されていた北海道。ここ数日の感染者データを見ていると、かなり終息傾向に向かいつつあるようです。
 少しでも早く小規模事業者の店舗が開店にこぎつけてもらいたいと思う一方で、政府は彼等へ救済金の支給を急いでいただきたい。今朝のニュースを見ていても、まだ入金していないと心待ちにしている若手経営者も少なくない。Hurry up !
 天気は上々の五月晴れ。風も爽やか、空気も新鮮でおいしい。にもかかわらず社内外を問わず、マスクを付けて出歩くのは息苦しい。人と会って打ち合わせするのも目しか見えないので、何とも微妙なな表情が読み取れず、交渉事には不都合が多い。
 いずれにしても確実に終息を実感してから、マスクを外したいものである。ところで「安倍のマスク」はどうなったのだろうか・・・・。
posted by あうる at 08:06| Comment(0) | 政治

2019年11月21日

車上生活、社会の片隅で・・・

 先日、NHKクローズアップ現代「車上生活、社会の片隅で・・・」を観た。職を失い、車しか行き場がないという60代の男性。妻が認知症で徘徊癖があり、周囲に迷惑がかかると言う70代男性のご夫婦。幼少期に虐待を受け、それが原因で対人関係がうまく行かず、各地を転々とする20代の男性等々。事情はそれれぞれで、道の駅等の駐車場を1週間から3週間単位で転々としている。
 車内で亡くなる方も出て、彼らの実態が少しづつ明るみに出てきた。ホームレス、車上生活者の多くは、何らかの事情で職を失ったり、生活が破たんし、アパートを借りることができなくなった人たちだ。本来ならば小学校に通う子供たちも親の事情で、車上生活を強いられているという。
 生活保護を受けるための条件として、車を所有している人は需給不可能であるそうだ。個々の実態の知らない行政関係者の対応は、画一的な判断を下さざるを得ない。番組のディレクターが言うには、車上生活者の多くから「誰にも迷惑をかけられない」という言葉を繰り返し耳にしましたとのこと。更に、「一度人生でつまずいてしまうと、家族にも友人にも頼ることができない社会になっていることを痛感した」と語る。
 私たちが気づかない日常の中に、車上生活者がおり、目立たないようにひっそりと道の駅や様々な駐車場で暮らしているようだ。気づかないだけに、心が痛い。我々も含め無関心な社会の裏側では、彼等車上生活者たちの切迫した問題が闇の中で広がっているのだ。周囲に迷惑をかけたくないという気持ちが、助けを求める声を阻んでいるのかもしれない。
posted by あうる at 20:45| Comment(0) | 政治

2019年09月21日

3連休で考える。

 今日から3連休。火曜日から始まった今週は4日間の就労で終了。勿論。会社によっては、5日間だったり、最前線のサービス業であれば、会社を休むことなく営業しているところもある。いづれにしても働き改革な始まった4月以降、良くも悪くも休日が増えたことを実感している中小の経営者は多いと思う。
 休日が増え、残業も減り、有休もとれ、所得は減少もせず、企業の生産性も上がり、収益が上がっている会社があるとすれば、それはこの上なく最優良会社だ。これからの社会は、どの企業も「従業員の安定と向上」を目指して、日々努力を重ねていると思う。とはいえ日本企業の8割を占める中小企業においては、その経営現実は極めて厳しいと言わざるを得ない。
 10月から始まる消費増税、複雑な軽減税率等々がどんな効果を生むのか・・・。はっきり言えるのは、以前、3→5%、5→8%と増税になった時に比べ、今回は数カ月前からの駆け込み消費があまり見られないという不思議な現象だ。別な言い方をすれば、今回の8→10%の消費増税に関する消費者の感覚は比較、過去に比べ楽観的といえるかもしれない。
 消費者の多くは、あまりよく分からない軽減税率やポイント還元とやらに妙な期待があるのか・・・と思ったりもする。今回の消費税増税の最大の理由は、社会保障の充実だと言われている。しかし、増収額14兆円の大半は国債発行分の補填に充てられ、社会保障に充てられるのは、3兆円程度にすぎない。
 本来はアップした消費税が、社会保障(少子化対策等々)に明確に還元されてゆくことを、全国民の8割以上が理解し、その後の監視をしてゆくということであれば、大いに納得する。が、しかし我が国の財政状態を考えると、今回の増税は次へのステップに過ぎないであろう。

 
posted by あうる at 11:12| Comment(0) | 政治