2017年09月27日

喪失感と空虚感

 日経の日曜版で「ひらめきブックスレビュー」に紹介されている『定年後』(楠木信著)の書評。ビジネスパーソンが必ず迎える定年後の日常を氏のエピソードを交え、その後の人生をどう生きるべきかを提起している。
「誰からも名前を呼ばれなくなる!?」現役で仕事をしていると、当たり前のように名前や役職で呼ばれるが、退職すると名前を呼ばれる機会が激減するという。そのことによる疎外感、孤立感、空虚感はしみじみ堪えたそうだ。
 2冊目は『OPTION B』(シェリル・サンドバーク他著)、「第2の選択肢」という意味だ。内容は、最愛の夫の喪失体験と再生までのストーリーである。今更ながらネットで「喪失感」の意味を調べてみると、<自分の愛情・深い愛着の対象となっている「大切なもの」を失った時(または失ったと思った時)に感じる苦痛や空虚感を言う>とある。
 ここ数年のことで言えば、東日本大震災や福島原発、熊本地震等々の大災害で多くの方々が亡くなったり、実家や故郷を失ったり、多く有形無形の記録等々を失った方々の苦しみは、創造しがたいものがある。
 恐らくほとんどの方々が程度の差はあれ、近い体験していることだと思うが・・・・。思いが深ければ深いほど、あるいはまた日常存在して当たり前だった感が強ければ強いほど、失うことで過度な喪失感や空虚感にとらわれるものだと思う。心の中にぽっかり穴が開くように・・・・。
 10年ほど前、作家の城山三郎が伴侶をなくしたころのエッセー「そうか、もう君はいないのか」を読んだ時に感じたことや文芸評論家の江藤淳の死に至るまでのことを思うと、おそらく私自身は、決して耐えうるまいと思っている。
 蛇足になるが、半世紀前に夭逝した大宅歩(大宅壮一の長男)が残した『詩と反逆と死』という日誌風エッセーは、10代に出会った書の中で、記憶に残っている1冊だ。
 
posted by あうる at 07:47| Comment(0) | 出会い

2017年09月12日

言葉の力

 長年お会いしたいなぁ〜と思っていた方から、お電話をいただき、近々にお会いすることになった。まだ一度もお会いしたこともなく、勿論、お顔も拝見したこともない。ただ一度だけその方の書いた文章を読み、長らく心に残っていた。あれから13年も経過していたとは・・・・。
 最近はSNSという便利な情報伝達手段があり、いとも簡単に知り合いになったり、旧交を深めることも日常茶飯事にある。にもかかわらず、人と知り合うきっかけはアナログ的である方が「いい」と思うのは・・・・・決して私だけではないだろうと勝手に思っている
 よくあることだが、若いころ傾倒した作家の本を読んでいるうちに矢も楯もたまらず、その作家とお会いしたくなったり、何気なく読んだ一文の中に普段全く考えたこともなく、経験したこともない事象を発見したり・・・・。
 個々の個性や文章力にもよるが、生身に会って話を聞くよりも、文字・活字による言葉の力が、目に見えない大きな力をもって、その現実をより迫真に伝えてくることがある。「心に届く言葉」は、それを発する人の何かしら「心を伝える」愚直なまでに真摯な姿勢を感じずに入られない。
posted by あうる at 15:16| Comment(0) | 出会い

2017年02月28日

15年ぶりの電話。

 今年の2月は例年になく慌ただしく過ごした。とは言え、思いのほか楽しい出会いもあった。加齢による様々な症状や衰えはした仕方ないとして、やはり前向きに動かなければ新しい発見もない。その意味で、少々老骨に鞭打っての1カ月ではあったが、充足感も多々あった。
 月初めに15年ぶりにお電話をいただき、札幌のホテルで某氏にお会いすることになった。ホテルのロビーで所在無げな熟年の紳士。一瞥しただけでI氏であることが分かった。私と違ってあまり年を取っていない。白髪が増えただけで、表情はむしろ当時より明るい。
 実は1週間前に同じホテルで会う約束をしたときは、私の手違いで会うことができなかった。そのこともあって本人と確認できたあとは、平謝りに謝り、恐縮しっぱなし。にもかかわらず、I氏は笑顔で向かい入れてくれた。本当に感謝!
 その後、2時間近く歓談。本題の出版の話になった。思えば、I氏を紹介していただいたのは、書店チェーンのT社長。その社長が昨年亡くなった。3人は、ほぼ同世代。団塊の世代である。I氏は様々な職歴を積まれ、現在はコンサルタントを営んでおられる。今回の出版は、ご本人の集大成であり、経営に携わる方々へのメッセージでもある。
 全道を網羅し、地方からかの発信に拘り続けてきたI氏のお話を聞きながら、「皆それぞれの事情を抱えながら、でも平然と何事もなかったように日常を過ごしている。」某作家が言った言葉を思い出した。今日で、2月が終わる。ブログを書き始めてから最も書く回数が少なかった2月だが、悲喜こもごも久しぶりに、充実していた月だったかもしれない。
 
posted by あうる at 07:57| Comment(0) | 出会い