2020年03月05日

偏見は持たないで・・・・。

 2月以降の北海道は、新型コロナウイルスの感染者拡大が報道されるにつれ、国内外でもすっかり悪名高き地域となってしまった。日本国内においては、インバウンドの激減。地元客の外出控えによる消費の激減等々、観光関連業、小売業にとどまらず、あらゆいる業種に影響が出ている。
 今朝の報道によると、デパートで開催される物産展に一番人気の北海道は出店できないとのこと。国内でも、北海道を蛇蝎のように嫌う人達が、日増しに増加しつつあるようだ。福島の原発問題の時も、その後の風評被害は未だに続いている。北海道における新型コロナ問題もあたかも北海道が新コロナウイルスの発祥知の如く、言われがちであること思うと、残念でならない。
 どうやら身辺に危険を感じると、誰か(今回の新型コロナウイルス感染に関しては、中国だったり武漢だったり、感染者の多い韓国、イタリア、イラン、そして日本、北海道等々)を的にして、ストレス発散をするのが、人間の本性なのかもしれないと思ってしまう。所謂、弱い者いじめの構造だ。
 そもそも我が国は国の政策でインバウンド人口の増加を図ってきたわけで、冬の北海道はアジア人、オーストラリア人にとって絶大な人気なのである。海外で観光的に魅力がない地域は、当然のことだがインバウンドは少なく、したがって感染拡大のリスクも少ない。自明のことである。
 ただ日常的にインバウンドの方が多い大都市圏で感染者が比較的少ないのは、不思議である。感染リスクに対する意識が高いのか・・・・。感染者の年齢傾向は、高齢者が多いと聞くが、発症しない健康体の若者たちが、大都会には潜在的にかなり多くいるのではないかと思う。
 いづれにしてもインバウンドの方々にしても、罹患された方々も好き好んで感染者になったわけではなく、ある意味で国や自治体のリスク配信や行動規制等々や医療体制づくりが、後手後手になってしまったことが大きな要因であることは否定できない。個人的にも会社としても、個々の感染予防意識を高めることで、何としても感染拡大抑制に貢献したいと思う。
posted by あうる at 09:39| Comment(0) | 健康

2020年02月24日

連休は当てもなく・・・。

 2日間の休日だったが、どこかに出かける当てもなく、自宅に蟄居を余儀なくされている。報道によると、日ごとに新型コロナウイルス感染者が増えており、残念なことに道内にも広がりつつある。やはり観光客が多く集まる都市を中心とした広がりなのであろうか・・・・。原因が定かに発表されていないのだから、余り軽率に語るわけにはいかない。
 いづれにしても、アジアの中でも感染者の多い中国・韓国・日本からの渡航制限が、各国から発表されている。これも致し方ないだろうと思う。まだワクチンが開発されていない未知の感染症なので、なかなか打つ手もなく、不安ばかりが増幅している。だからこそ、今後様々な事象に影響が出ることが懸念される。
 ここ1カ月余りの経済の停滞が、どれだけの被害をもたらすか・・・・、想像もつかない。人が集まるはずのところに人が来ない。結果、あらゆる商売は、停滞の一途をたどり始める。2008年のリーマ・ンショックの時以上に心配である。
 今朝のテレビでは、国は新型インフルエンザ薬「アビガン錠」を使用する可能性があるという。「アビガンは、2014年に製造販売承認を取得した際、有効性を示す臨床試験成績が限られ、催奇形性を持つ可能性が指摘されたことから、季節性インフルエンザを対象とした追加の臨床試験を行うこと、厚労相の要請がない限りは製造、販売を行わないことを条件としていた。」(薬事日報)
 
 
posted by あうる at 12:38| Comment(0) | 健康

2019年08月09日

68年ぶりの異常気候。

 先月末から札幌では30℃を超える真夏日が10日間続いた。1951年以来68年ぶりとのこと。昨日今日と雨模様の天候となり、27℃ほどの気温になっている。なんとも物足りなく感じるのは、私だけではないだろう。7〜8日とたまたま金融関係の会合が重なり、ビールを飲む機会があった。心行くまで真夏の夜をビールで満喫させていただいた。
 今年はまだ出かけていないが、大通公園のビヤガーデンは集客はどうなっているのだろうか・・・。、道内外の観光客も集まり、恐らく日夜、満員御礼であろうと思う。
 本州の40℃近い異常気温となると、外で働く方々の健康管理は、企業側としても大変な神経を使っているようだ。昨日のニュースを見ていると、ヘルメットにセンサーを取り付け、スマホを活用して気温上昇による体調管理を現場管理者が行っているようである。
 そうは言っても、お一人住まいの高齢者の熱中症被害が毎年読出している。ご高齢なると体温調節がつかず、暑さを肌で感じ難くなっており、エアコンのスイッチがオフのまま部屋で過ごしてしまいがちだ。本人が気づかぬうちに熱中症から死亡事故につながるケースが多いという。
 町内の方々や親せきの人たちが、頻繁に様子を見に訪れる仕組みづくりしたらどうであろう。かつてはあまりなかった高齢者の自宅での熱中症被害。やはりお一人で住んでおられるお年寄りが増えている証であろう。
posted by あうる at 12:33| Comment(0) | 健康