2019年08月09日

68年ぶりの異常気候。

 先月末から札幌では30℃を超える真夏日が10日間続いた。1951年以来68年ぶりとのこと。昨日今日と雨模様の天候となり、27℃ほどの気温になっている。なんとも物足りなく感じるのは、私だけではないだろう。7〜8日とたまたま金融関係の会合が重なり、ビールを飲む機会があった。心行くまで真夏の夜をビールで満喫させていただいた。
 今年はまだ出かけていないが、大通公園のビヤガーデンは集客はどうなっているのだろうか・・・。、道内外の観光客も集まり、恐らく日夜、満員御礼であろうと思う。
 本州の40℃近い異常気温となると、外で働く方々の健康管理は、企業側としても大変な神経を使っているようだ。昨日のニュースを見ていると、ヘルメットにセンサーを取り付け、スマホを活用して気温上昇による体調管理を現場管理者が行っているようである。
 そうは言っても、お一人住まいの高齢者の熱中症被害が毎年読出している。ご高齢なると体温調節がつかず、暑さを肌で感じ難くなっており、エアコンのスイッチがオフのまま部屋で過ごしてしまいがちだ。本人が気づかぬうちに熱中症から死亡事故につながるケースが多いという。
 町内の方々や親せきの人たちが、頻繁に様子を見に訪れる仕組みづくりしたらどうであろう。かつてはあまりなかった高齢者の自宅での熱中症被害。やはりお一人で住んでおられるお年寄りが増えている証であろう。
posted by あうる at 12:33| Comment(0) | 健康

2018年09月23日

体調を整えて。

 数日前から風邪をひき、珍しく寝込んでしまった。今日は墓参りを予定していたが、明日に伸ばしゆっくり休憩することにした。それにしてもここ数年、風邪をひいた記憶がない。鼻と喉の症状がかなり悪化、加齢もあいまってかなりつらい。
 今回の地震で大きな被害を受けている方々から見れば、ありがたいことに今のところ個人的にも仕事上での影響もない。しいて言えば、老朽化している社屋が気になる。今後更なる建物等々やコンピュータの保守点検を急がなければならない。
 思えば、36〜37年前に体験した地震を覚えているのは、当社では私とSさんだけだ。当時は活字組版が主流だっただけに、校了直前だった大学関係の研究報告や紀要等々の文字物の組版の多くが崩れ、鉛の活字が工場に散乱していた。上司たち絶望的な面持ちで立ち尽くしていた姿は、今でも鮮明に記憶に残る。
 その後、上司と一緒にお客へ足を運び、事情説明と納期延長をお願いに回った。勿論、大半のお客様は、寛容に理解を示してくれた。その後、地震等々の災害の頻発のを思うにつけ、いつか必ず身近なことになると感じていたが・・・。この20〜30年の間に地球的な規模で、様々な異変が起こっている。ある意味で、どこで何が起こっても不思議はない。
 いずれにしても明日一日休養して、体調を整える。来週から当面の課題に備えなければ・・・と思っている。
posted by あうる at 15:13| Comment(2) | 健康

2017年10月29日

思いがけない葬儀。

 街路樹が黄色に染まり、道路沿いの落葉が風で舞い上がる中、早朝に車を走らせた。色とりどりの紅葉が彩る瀟洒な住宅街を抜け、絵画のように美しい光景を眺めながら・・・・、葬儀場に向かった。昨日の通夜に引き続き、知人の告別式に参列するためだ。晩秋から初秋に向かう季節感もあいまって、侘しさはひとしおである。
 仕事上で知り合って5年。彼にはすっかりお世話になった。病状の経過は数年前に聞いていたが、日常、体調不良の素振りも見せない。とにかく慌ただしく思えるほど道内を東奔西走。時折、体調のことを訪ねても、「大丈夫です。」と微塵も不安を感じさせない。今思えば、体力も精神力も私の想像をはるかに超えていた。
 2日間葬儀に参列して、長期にわたる闘病の期間を知った。ご本人は勿論、ご家族全員で病気と戦い抜いた数年だったことを思うと、公私ともに悔いのない日々を過ごし、愛情豊かな家族の絆を築き上げたのだと思う。
 私とは数週間前のメールのやり取りが最期になった。残念なことに、先月の友人の訃報に続き、またぞろ会いそびれてしまった。それにしても55歳で逝ってしまうのは、余りに早い。 合掌。
posted by あうる at 20:59| Comment(0) | 健康