2022年11月16日

コロナ感染はこれからどうなる!?

 11月に入り北海道のコロナ感染は、凄まじい勢いで広がっている。先日は道内初の全国1位という不名誉な1万1千人弱の感染者を記録した。国内外の旅行者が北海道に集中しているか、はたまた以前から云われているように、寒冷による室内換気の悪さが影響しているにか、決定的な原因は分からない。

沖縄の感染者が300人程度で留まっていることを考えると、北海道だけに観光客が集注しているわけではないだろう。となると、寒冷気候の影響説はかなり信憑性がある。

 いずれにしても、コロナ感染が始まって、間もなく3年経過する。100数年前は3年で感染の終焉を迎えたと聞くが、これだけ医学技術が発達しても、一向に感染力が衰えないのは、納得いかない。巷の老若男女の声を聴くと半ば、あきらめ気味である。

 外出制限や休業制限をしてきた過去2年余りの国の政策を思い起こすにつけ、あれは一体何だったのだろうか・・・・と思わざるを得ない。私自身、先日5回目のワクチン接種をしてきた。特に不安はないが、日々知らされる感染者の拡大傾向を知るにつれ、ワクチンへの信頼度はほとんど薄れている。

 早くface to faceで話をしたり、一献を傾けたりしたいものである。間もなく望年会のシーズンである。寂しい年末年始にならぬよう、ひたすら感染者の減少を祈るばかりの今日この頃である。
posted by あうる at 16:48| Comment(0) | 健康

2022年10月12日

円楽逝きて

 先日、6代目三遊亭円楽師匠が亡くなった。肺癌を患い、長期治療中に脳梗塞に見舞われ、リハビリ中に肺癌が再発し逝ってしまった。私と同年、72歳だった。心からお悔やみ申し上げる。合掌。

 5代目円楽に見出され、若くして人気落語家となった。笑点50年の歴史の中で、28歳でレギュラーに抜擢され、師匠の5代目円楽の司会の下、デビュー。社会批判、多様な毒舌の切れ味は天下一品だった。ただし裏舞台では、かなりの配慮の効いた気遣いの達人だったという。
 
 落語家の所属する団体は5団体ほどあるそうだ。その中で一番大きな公社・落語芸術協会会長か、春風亭昇太なのである。初代談志、5代目円楽の頃、核分裂を興したようだ。いずれにしても6代目円楽が師匠5代目円楽の亡き後を引き継いだ円等一門は、大変な苦労の連読だったという。

 6代目円楽の社会批評、毒舌等々の反骨精神は5代目の円楽師匠の生き様を見て学んできたのであろうし、そもそも負のエネルギーを燃やす負けじ魂を持った人なのであろう。それにしても、あまりにも早く、惜しいい人が忽然と逝ってしまった。残念でならない。

 
 
 
posted by あうる at 09:18| Comment(0) | 健康

2022年08月24日

体調を整えて!

 久方ぶりの雑記帳の書き込みである。ほぼひと月近く休ませていただいた。それでも記事数がここ10年間で1,400頁ほどになっていたことこともあり、一日100件を超えるアクセス数と70件を超える訪問者数を維持できたことは、大変ありがたい。「社長の雑記帳」を読んでいただいた方々に、心よりお礼を申し上げます。
 
 8月3日にコロナ感染し、以降、世の感染者の方々が体験したことを自ら生身で実感し、悪戦苦闘しながらも22日、何とか出社にこぎつけました。お盆休みを目前に控えていたので、約束を果たせなかったことも多々あり、身近の方々を含め多くの方々にご迷惑おかけしました。また、何よりも回復までにご協力いただいた医療・行政関係者の方々には、心より感謝申し上げます。ありがとうございました。

 さて、3週間の休養中にすっかり季節感も変わってしまいました。夏らしい夏を満喫する暇もなく、北海道は秋の色合いを深めており、いささか寂しい気もします。ここいらで「夏日の再来を!」と思う今日この頃であります。

 いずれにしても、コロナ感染はこれからがピークに達するだろうと言われています。私はワクチンを4回接種しておりましたが、図らずも感染してしましました。やはり疲れ等で体力が落ちている慢性疾患をお持ちの方や高齢者の方は、できるだけ無理をせず、休養をして体調を整えてください。本州の方々は、熱中症にも充分お気を付けください。
posted by あうる at 08:24| Comment(0) | 健康