2017年05月28日

何故か・・・、寂しい千秋楽。

 大相撲夏場所は千秋楽とはいえ、私にとってこれほどまでに味気のない夏場所になるとは・・・・、思わなかった。体調不十分の横綱稀勢の里の休場。大関はほぼ確定させたものの、優勝争いから脱落した高安の後半の失速。白鳳の全勝優勝を許した対戦力士たちの敗北・・・・。
 日本人力士の活躍こそが、ここ数年の相撲人気を支えているのは、疑う余地はない。その意味でも、今は大関を陥落し、今場所負け越した琴奨菊の優勝か与えた相撲ファンへの関心を高めた、多大な貢献度、その後の日本人力士たちに与えた影響は絶大であろうと思う。
 日本の伝統的な格闘技とはいえ、決して相撲力士の多様化を今更否定するつもりはない。が、やはり日本人力士が横綱・大関に存在して初めて、大相撲界というスポーツのダイバーシティを容認できるというのが、相撲ファンの本音ではなかろうか・・・・。
 少子化や豊かさ、高学歴化等々による力士弟子入りの志願者の減少。華やかな他のスポーツに比べ、規律も厳しく、地味さが目についた相撲だが、今は国技を担う若者として評価も違ってきているに違いない。最近の若手力士を見ていても頼もしく思える。
 私自身が年を取ったからかもしれないが、同世代の貴乃花や同郷の北の湖、千代の富士、大横綱大鵬が亡くなった現在、新たな思いで相撲中継を見始めている自分に不思議な思いを感じている。
 忌憚ない解説で人気を集めている北海道出身の元横綱・北の富士の元気な声を聴くたびに、何故かしら古き良き時代の相撲が蘇り、道内出身力士の減少を寂しく思うのは私だけではないと思うのだが・・・・。
posted by あうる at 18:38| Comment(0) | 来し方行く末

2017年05月18日

思案気な顔。

 仕事を通じて知り合った方だったが、人づてに昨年暮れに亡くなったことを聴いた。私も女房も大変世話になったと思っていた方である。人がらが素晴らしかったし、大病を患って、仕事復帰していただけに残念でならない。
 お会いした当時は60歳前、すでに病気を患い回復途上にあったはずだった・・・・。享年63歳である。大病を克服したこともあり、若干老けて見えたが、年代を超えた配慮や思いやりは特別なものがあった。
 退職するとの電話があり、丁寧な礼状をいただいたのは2年半ほど前だった。彼の年代や立場から、退職はまだ早いかな・・・・と思いながら、その後連絡も取ることもなく、今日に至ってしまった。
 今日、昨年暮れに亡くなったことを知り、もっともっとお礼を言うべきだったと臍をかみながら、女房と彼の人となりを思い起こしている。5年前に彼に出会ったころを振り変えりながら「本当に親切だったよね。」と女房。「そうだな・・・・・・」と私。今後、我が庭にあった姫リンゴの切り株を見るたびに、彼の思案気な顔を思い出すことになる。
 
 
 
posted by あうる at 21:23| Comment(0) | 来し方行く末

2017年05月04日

連休にふと・・・。

連休の3日、4日は、7月中旬ような素晴らしい天気が続き、花見会・ゴルフと久しぶりに暖かな行楽日和に恵まれた。ここ数年、夫婦で日帰りバスツアーに出かけるのが恒例だったが、今年はそれぞれの予定(?)を立て前半終了。残すところ休みはあと3日間となった。
 30代〜40代は子供のスポーツ大会巡りと畑仕事等々、何をやってもどこに行っても面白楽しく過ごしてきたような気もする。気が付けば、当然のことながら50代、60代と楽しさもほどほどに感じる年齢になってきた。日頃、多くの先輩たちとお付き合いさせていただきながら思うことは、やはり健康であることが最良なことなのかもしれない。
 とはいえ私の頭の中は、いまだに前期高齢者であるという自覚はない。年々気持ちと体力が乖離してゆく自分を理解できないというのが、正直なところだ。識者が言うところの「中庸こそが最適なのだ」という心境に達するまでにはもう少し時間を要するようだ。
 
 
posted by あうる at 21:26| Comment(0) | 来し方行く末