2019年02月17日

三寒四温!?

 今年の2月ほど、「三寒四温」という言葉を身をもって感じた年はない。札幌では1月下旬から2月の初旬に終日−10〜−15℃という記録的な寒波に襲われた。辞書によると3日寒い日が続き、4日暖かい日がやってくる。これを7日単位で繰り返し、春が訪れるということらしい。つい最近まで京都の代表的な春先の気候を表す季節用語だと思っていた。勿論、寒さの基準は違うが、札幌でも日中でも−10℃が続くのは、40年ぶりとのこと。
 そういえば節分も立春もほぼ同じ時期だが、俳句の季語では晩冬と初春。三寒四温は晩冬ということになる。今年は、厳冬の真っただ中の1月26日にインフルエンザにかかり、翌日には女房に移してしまい、1週間ばかり会社を休んでしまった。幸い私以外インフルエンザ患った社員がいなかったのでホッとしている。
 暦の上ではとうに春は来ているのだが、北国の場合はそうは問屋は卸さない。晩冬である三寒四温が暫く続く。北国の冬は11月ころから始まり、雪が融ける4月までは冬季ということになる。長い冬が過ぎると、温かな春が待ち受けており、ある意味でそれを楽しみにしている人も多い。特にゴルフ好きの方々には、待望のゴルフ場のオープンがある。
 そうは言うものの、私の場合、春先には嫌な思い出は山のようにあるが、良い思い出が少ない。暖かさは嬉しいが、3〜5月は妙に気持ちは晴れない。過去に嫌なことばかりが集中している季節なのだから・・・・。
posted by あうる at 17:23| Comment(0) | 四季折々

2018年06月06日

6月はクールビズ

 6月から道内の多くの企業は、クールビズを始めている。弊社も数年前から始め、最近何とか板についてきたようである。クールビズを実施いてなかったころ、本州からのお客様と会うにつけ、妙にリラックスしたお客様と肩苦しいイメージの弊社社長・社員という野暮ったい図式は否めなかった。最近ではすっかり様相が変わってしまったようである。気のせいかもしれないが、社員の表情もすこぶる明るく見える。
 6月の札幌は、行事が目白押しの季節である。ライラックまつりはそろそろ終盤を迎えているが、間もなくよさこいソーラン祭り、札幌祭り等々、中島公園、大通公園を中心に道内外、インバウンドと多くのと観光客が集まり、初夏の爽やかな風が新緑を吹き抜ける季節となる。
 昨年は冷夏を思わせるような肌寒い6月だったが、今年は昨日あたりから素晴らしい天気が続いている。梅雨のない北海道、6月は文字通り「水無月」であってほしいと思う。
posted by あうる at 09:49| Comment(0) | 四季折々

2017年10月01日

好天に誘われ・・・。

 好天に誘われ藻岩山の麓にある墓参りへ。途中、札幌マラソンのコースとなっている豊平周辺で迂回し、最後尾が走り抜けるのを確認して、コースを横断。最近のマラソンブームは、老若男女の健康志向が支えているといわれるが、そればかりではないと思う。まさに参加者はマラソンを趣味として楽しんでいるように見える。
 11時過ぎに北海御廟に到着。お彼岸のあとだったこともあり、墓参者と会うこともなく、紅葉が色付き始めた晩秋のぬけるような青空をたっぷり満喫させてもらった。今年3回目の墓参り。年々、来るたびに安堵する。
 その後、大通公園にある札幌資料館へ。今日、10月1日は札幌国際芸術祭の最終日。館内の展示作品や館外の作品群を眺めて、無残にもほとんど散ってしまったバラ園を通り抜ける。ただし無風で23℃の好天。ぶらりと歩くだけでも、何か得したような気分だ。
 昨日まで大通公園を賑わせた「オータムフェスト」のあとかたずけが、慌ただしく行われている。天気がいいだけに終了するにはもったいない。次のイベントはいつからどんなことが始まるのか・・・・。そんなことを思いながら、デパ地下でおにぎりと太巻き、お新香を買い、一路自宅へ。
posted by あうる at 14:48| Comment(0) | 四季折々