2018年10月03日

がん治療に光明!

 9月末から10月にかけて、猛威を振った台風24号の全国縦断の報道で明け暮れた。その傷跡はとてつもなく大きい。昨日からようやく北海道に中秋が訪れ、これから身近なところで紅葉が始まる。それにしても今年はなんと、災害が多いことか・・・・。
 明るいニュースはないのかと思っていたら、2018年ノーベル医学生理学賞を、京都大特別教授の本庶佑氏(76)らに贈る、と発表されたようだ。授賞理由は「がんの免疫逃避機構の抑制による治療法の発見」。とある。本当に嬉しい!
 日本人のノーベル賞受賞者は、26人だそうで、その中で湯川秀樹博士をはじめ出身や大学の在籍など京都ゆかりの受賞者は本庶氏で14人目(54%)というから、研究者にとって京都には伝統的に不思議な力があるのだろうと思う。
 本庶佑氏が今回のノーベル医学生理学賞受賞に結びついた「信念」として言っていたことで印象に残ったのは、「教科書がすべて正しかったら科学の進歩はないわけで、教科書に書いてあることが間違っていることはたくさんある。人が言っていることや教科書に書いてあることをすべて信じてはいけない。『なぜか』と疑っていくことが大事だと思っている」との言葉だ。新しい発見をするためには、常識を覆す反骨心が必要なのかもしれない。
 森元首相が、がんの治療薬「オプジーボ」を使用しているのは有名な話である。肺がんや胃がんなどの治療薬として、これまで国内で2万5000人以上に使われているようだ。できる限り格安で多くの人が活用できるようになってほしいいと願っている。


 
posted by あうる at 12:14| Comment(0) | ニュース

2018年09月30日

台風と親父

台風が近づいているという。現在は鹿児島周辺だろうか・・・。予想では日本を縦断しそうな勢いである。最近の台風被害は、瞬間風速60〜70mととてつもない強風なので、その被害は予想がつかない。
 北海道はの影響は明日夜半からということになりそうだが、なんとか太平洋側に進路を変えてほしいいと思うが、自然の力はそう甘くはないであろう。
 先だって6日に発生した胆振東部地震の前日の台風では、我が家の姫リンゴの木が根こそぎ倒木。あらためて強風の恐ろしさを実感した。あたかも翌日の地震の予兆かと思えるほど不気味な一晩だった。地震の数日後に、今後のこともあって、3本並んでいた木蓮を伐採した。姫リンゴの木は幸運にも我が畑側に倒木したが、一歩間違えば周囲に迷惑をかけてしまうからだ。
 怖いものの例えとして「地震・雷・火事・親父」と言われてきたが、どうやら親父(おやじ)のほんとうの意味は台風のことらしい。事実、私が子供のころ最も恐れていた寺内貫太郎のような「カミナリオヤジ」など、最近見たこともないし、言葉そのものも今は全く死語になってしまったようだ。
 いずれにしても勢力が落ちて、大きな被害が出ないことを願うばかりである。
posted by あうる at 10:04| Comment(0) | ニュース

2018年09月12日

災害は身近な出来事!?

 6日の3時08分の北海道で震度7を記録した胆振東部地震から1週間ほど経ち、ようやく周囲は落ち着きを取り戻し始めている。昨日まで会社近くの大型スーパーでも食料品売り場にほとんど食品が置かれていなかった。今日は食品の種類もいくらか増え、空きスペースも埋まってきた。
 弊社がある東区は震度6弱と結構な衝撃があり、2階の事務所は足の踏み場もないほど散乱状態だった。1階の工場は、機械メーカーのメンテの専門家のサポートもあり、何とか10日の昼から印刷機械が稼働し始め、正直胸をなでおろしているといったところである。あらためてご協力いただいた関係者の皆様やお気遣い、ご配慮をいただいた皆様に心より感謝申し上げます。
 私の住まいがある北広島市大曲並木3丁目がこの地震で甚大な被害が出ている。沢寄りの住宅の地盤に異変か起きている。知り合いが多いだけに心配である。全国いたるところで起きている災害。被災地の方々の悲惨な生活を目の当たりに見ていても、ややもすると他人事と思いがちである。が、その現実は、身の回りにひたひたと忍び寄っていると言っても過言ではない。
「余震が本震の始まり」とツイートされたり、様々な憶測が飛び交う過剰な情報化時代ではあるが、一人ひとり冷静に対処する必要はある。まずは日ごろからの準備が肝要であろうと思う。
 
  
posted by あうる at 17:26| Comment(0) | ニュース