2019年06月29日

気になるふたつの判決

 このところ気になる判決が続いている。一つは「大崎事件」の再審取り消し。事件から40年経過しているので、私の記憶の中からすっかり消えていた。当時は関係したと思われる4人の方々に、それぞれの懲役刑の判決が出た。
 刑期満了後、第一次再審請求。その後、決定、棄却が繰り返され、ようやく3次再審請求が17年に地裁が決定。最高裁宮崎支部も再審開始決定。にもかかわらず、つい最近の報道(6月25日)では最高裁が再審開始決定の取り消し、請求を棄却した。法医学鑑定と心理鑑定がそろい地裁も高裁支部も再審開始を認めていただけに、残念でならない。ご家族の心境は察するに余りある。司法関係者の論議を呼びそうだ。
 もう一つは、ハンセン病家患者の隔離政策による家族への差別被害。熊本地裁は原告541人について損害賠償の責任を認めた。96年にらい予防法が廃止され他後も、正しい知識を普及して偏見を拭い去る義務を怠ったとの判断だとのこと。今後、国の判断と対応が注目される。
 二つ判決から、当事者の方々はもとより、家族が受ける「差別や偏見」は想像を絶するものがある。最近ではSNS等によるフェイクニュースで「差別、偏見等々」は度を越している。救いは、情報の選択肢が多数あり、真実であるかの判断は受け取り手に委ねられることだ。所謂、オルタナティブ・ファクト(もう一つの真実=うそ)を見抜く見識が個々に要求されるわけだ。
 40年の時を経て思うに、ある意味で70年代までのアナログ時代は、今ほどの情報は氾濫しておらず、媒体の伝達力も弱く、一方通行による情報の固定化や選択肢としての判断材料が乏しい時代であったかもしれない。さて、令和の時代はどんな時代に・・・・。

posted by あうる at 12:37| Comment(0) | ニュース

2019年05月15日

米中の貿易戦争に思う。

 米中の貿易戦争がかなり深刻になってきている。世界中の景気動向に多大な不安を投げかけることになる。かつて8%以上のGDPを挙げていたころの中国は、世界の生産工場といわれていたが、生産性が上がるにつれ所得も上がり、生産コストが上がる。ここ数年は諸外国のメーカは、中国を中心とする生産拠点をアジア諸国やの別の地域に移転し始めている。
 日本もそうだったように、先進国になる国は発展途上の過程で、必然的に経験することである。生活が豊かになり始めると、国内では生産コストが高くなるので、気が付けば、製造業の拠点は海外に移り、国内の基幹業種である製造業は下降線をたどり、サービス業が台頭してくる。
 米国のサービス業が全業種で占める比率は、80%前後であろうし、日本は60%、中国は50%、他の先進国はこぞって70%を超える。ただし日本と違い、サービス業の収益性が高いと言われている。質はともかくとして・・・・。
 問題はそのサービスの生産性つまり収益性が高いかどうかであろう。奉仕に近いサービスでさっぱり生産性が上がらないサービスは、ボランティアのような存在になってしまう。
 いずれにしても今回の米中の関税問題を機に、あらゆる生産拠点が、東南アジアの諸国に移転する可能性がある。ローコストを追い続けることは、安い労働力を求める大手経営者の方針は世界各国共通だ。ただし企業規模の大小を問わず、製造業もサービス業もその良質性を問われている時代であることは、間違いない。
 そういえば、’80年代のレーガン時代に米国は「双子の赤字」(財政収支と、経常収支(輸出入など対外取引の帳尻)が、ともに赤字になっている状態。)に苦しみ日本にも、かなり無理な要求を押し付けてきたことがある。
 1年半後の東京オリンピック・パラリンピックでは、日本人ひとり一人が持っている<おもてなし>の精神をを披露する最大のチャンスだと思う。心に染み入る日本人の「おもてなしの神髄」を是非とも世界から集まる多くの皆さんに知っていただきたいと思う。
posted by あうる at 10:19| Comment(0) | ニュース

2019年05月11日

令和から始まる諸問題。

 今日の読売BFで河野外相の講演会を聴きに行く。帰国直前までロシアのラブロフ外相との会談を行っているが、どうやら多くは望めないだろう。昼からの講演会で河野外相は、何を語るのだろうか・・・・。
 一方では世界が注目する米中の関税問題は、25%の関税を中国の輸入品にかけると米国は決定した。これからまだ中国を出た船便(美国へ輸出品)が到着するまでの3週間ほど猶予期間はあるが、果たして米中の交渉は妥協点を見出すか・・・・・。
 米国が自国生産することは、どれだけのコスト高になるか等々、詳細な調査ができているのか、疑わしい。全産業の80%を超える企業がサービス業である米国で、製造業としての生産性を飛躍的に上げることができるとは思わない。常識的ない考えても、大変なコスト高になる。もう少し的を絞る必要があるのではないだろうか。
 令和の時代に入るまだまだ明るい話題が少ないのが気になる。米中関税問題は、株価の下落に直接影響が出るであろう。また、10月に上がる消費税が、駆け込み消費等々、その後のあらゆる消費低迷に及ぼす悪影響が心配である。
 話は変わるが先月発生したノートルダム大聖堂の火災。実は今から50年近く前に描かれた晩秋の紅葉に染まった寺院の絵画が、私がPCを打ってい背後に飾られている。見方によっては縁起でもないが、炎に包まれているノートルダム寺院を予言しているかのような絵画にも見える。ハンガリー人、A.Jancsekにより1966年製作されたものだ。是非ご覧ください。


57239053_2138937086196177_8192529097826500608_n[1]_R.jpg

posted by あうる at 10:50| Comment(0) | ニュース