2020年02月10日

「国は異なれど天は同じ」

 ここ数日間、札幌は20p〜30p単位の連日の雪で、我が家の周辺はすっかり冬景色となった。気温は−7℃〜−10℃。降雪量はともかく、厳寒の冬到来である。
 さて、世界中の関心事である依然として先が見えない新型コロナウイルス。感染拡大は、様々な現象を引き起こし、一刻も早いワクチンの開発が急がれる。
 感染者への差別・偏見への影響は、意外な形で表面化し始めている。加えて、各国での経済活動にも水面下で少しずつ打撃が出始めている。SNSという身近な伝達手段を通して様々な情報が発信され、その内容の真偽はともかく、公私にわたり世界中に拡散され、不安を増幅させている。
 新時代だからこそ生じる「不安」なのであろうか・・・・。今更のようにそれらの情報に日々、不安に駆られる自分自身に気づかされる。「国民の利益と安全を守る」ことが政治家の重要な任務であるとすれば、各国が「自国民ファースト」で政府が動くのは当然と言えば、当然のことだろう。
 が、しかしこういう緊急時こそ、政治・医療・教育・芸術等々にかかわる多くの人たちは、自国の利益を超えた「寛容な理念」を持つべきであろうと思うのだが・・・。先日の日経の「春秋」の文中に鑑真和上が日本行きを決意するお言葉があった。「国は異なれど天は同じ」、けだし名言。
 クルーズ船内で隔離されている4千人近い様々な国の乗客の状況が映像で明らかになるにつれ、高齢者が多いだけに、彼らの体力面・精神面での不安がいかに深刻であるか、手に取るように伝わってくる。ご家族も気が気でないだろうと思う。
posted by あうる at 17:04| Comment(0) | ニュース

2020年02月02日

今こそサポート!

 新型コロナウィルスに対する感染拡大の危機が日ごとに高まっている。武漢に滞在する日本人のほとんどは帰国されたが、その中から感染者が数人出ているという。連日の感染増大の報道を見ている限りでは、アフリカとロシア以外の国々への広がり始めている。
 過去に発生したスペペイン風邪やサーズ、インフルエンザ等々の感染状況からパンデミックの危険性を懸念する識者もおられる。ウイルスのワクチンが完成するまでには、かなり時間がかかりそうだというが・・・・。
 ネット等を含めた報道の真偽は分からないが、そもそも武漢での新型コロナウィルスの感染情報も決して定かではない。国内外で正確な情報が共有されてないような気がする。武漢という巨大都市の成長に合わせて、地域内の医療施設をはじめ、関係の様々な施設が量的に追い付かない状況下で起きた今回の新型コロナウィルスの発生だと思う。
 日本のバブル時代に頻発した比較的若い企業の倒産の原因が、企業業績の急成長に人的体制やガバナンスが追い付かないままピークを迎えててしまい、バブル崩壊後、ピークアウトに対処できなかった’90年代の日本の状況に似ている。
 いずれにしても感染者や発症国に対する偏見や差別に発展しないことを願っている。ネット上でのヘイトスピーチやデマ等の広がりは断じて同調しないことだと思う。やはり立場の弱い者へのサポートが、世界的規模で今こそ行われるべきであると思う。
posted by あうる at 20:22| Comment(0) | ニュース

2019年12月28日

令和元年の仕事納め。

 弊社は本日5時をもって、令和元年度の仕事お納めを迎える。昨年を思い起こしながら、今年を振り返ってみたい。去年は全国的に災害が多く、北海道は9月6日、地滑りで土砂災害をを引き起こした胆振東部地震という大巨大な地震が発生。道内各地では初のブラックアウトを引き起こした。弊社も震度6の影響下にあり、少なからず被害を受けた。個人的には幸いにして自宅に災害が及ばなかったものの、私の居住区の一部に大きな被害が発生した。
 この数年、グローバルな観点から災害状況を見ると、日本は言うに及ばず、世界中のあらゆるところで災害が発生し、その被害は甚大である。COP21等の環境問題を論議する会議では、「地球の温暖化こそが、その根本原因である。」等々。毎年声高にと叫ばれても、世界全体の温室効果ガス排出量削減のための具体的な措置をとる国は極めて少ない。
 さて、今年も台風による堤防決壊や土砂大害が頻発。水に関わる災害が多かった。悲劇的な人災、その中でで一際目立ち、日本中を恐怖に落とし入れたのは、<京都メーション放火事件>である。この放火事件で、世界中のアニメファンの多くが抱いた喪失感は、想像を絶するものがあったようだ。
 国際問題としては米中の貿易戦争、所謂、関税問題の長期化が心配だ。香港における民主化大規模デモは、未だに続いている。他国のこととは言え、人権問題は放っておけない。日韓問題(徴用工問題)は一向に解決の糸口も見いだせない。政権を維持をするため、所謂ポピュリズムを正さぬ限り、抜本的な解決はできないであろう。そして10月の消費増税10%は、予想通り消費停滞の引き金になった。来年への影響も心配だ。
 スポーツ界に目を移すと、1月に大阪なおみの全豪優勝。8月渋野日向子の全英オープン優勝。男子世界陸上400mリレー銅メダル。NBAで八村塁の活躍。10月のラクビーワールドカップ、日本代表チームがベスト8(エイト)と話題は尽きない。、私にとって最も残念だったのは、横綱・稀勢の里とイチローの引退だった。
 来年は待望のオリンピックイヤーだ。東京オリンピック・パラリンピックの大成功と日本中災害のない安定的気候になることと、更に付け加えるなら札幌で開催されるオリンピック・マラソン、競歩の大成功を願って、仕事納めの締め括りとしたい。
posted by あうる at 15:52| Comment(0) | ニュース