2018年12月12日

それぞれの晩年−。

 胆振東部地震から3ヶ月ほど過ぎ、札幌市内で甚大な被害があった清田地区は、傾いだ住居の撤収作業が始まった。陥没した道路や壊れかけた家屋に降り積もった雪が痛々しさに拍車をかける。相当の戸数の住宅に被害が広がっているようだ、厳冬の季節に向け気の毒でならない。
 地震直後、東京にいたころの友人たちから矢継ぎ早に携帯に電話が入った。年賀状を見たら住所が同じなので気になって電話したとのこと。幸い枝番が違うところに居を構えていたので、大きな被害はなかったが、室内にところどころに多少のひび割れは出ている。震度5を超えたのだから致し方ない。
 東区にある社屋の工事は8割ほど終わり、ようやく落ち着きを取り戻したが、老朽化した社屋と地盤不良に加えて震度6弱は、脆弱な地盤の社屋には少々堪えた。いずれにしても今年も残すところあと20日余り、社員は皆全力で仕事に取り組んでくれている。ほんとうにありがたい。
 本州の学生時代の友人たちから電話があったときに、彼らの近況を聞いたところ、65歳を超えてから塾の教師や家庭教師をしている者が二人、麻雀協会の重鎮になっている者、雀荘・囲碁道場を経営している者、俳句の句会に入って活躍している二人等々、それぞれ退屈せず、負担なく気の向くままに活動している。いい身分だなぁ〜と思うが、現役で仕事をしている私も、厳しい風に吹かれながらも、何とかやっております。
posted by あうる at 10:34| Comment(0) | 交友

2018年10月29日

友人のライブ。

 先日、友人のライブに行ってきた。彼の名前は、還暦過ぎてからCDデビュ―した浅沼修君。130人ほど入る会場は、ほぼ満席状態。山崎ハコ・安田祐美さんご夫婦が友情出演。地元シンガーのライブでは豪華なゲストである。
 中高の同期が10人ほど駆け付け、修ちゃんは相変わらずの軽い喋りと、人なっこい笑顔でマイペースの始まり。カラオケに登録された「時計台のある街」という地元では話題になった曲もあり、⒑年程の地道な活動で根強い修ファンもいるようだ。古希近い年齢にして、こういう場を持てること自体、稀有なことであろうと思う。
 小樽出身の著名なギタリスト・安田さんと高校時代にグループは違うがフォーク仲間だったと聞く。彼の性格の良さもあいまって、幸運な出会いが半世紀にわたり続いている。CD制作にこぎつけたのは安田さんの力が大きいという。地域FM2局でパーソナリティーを長らく続けている修ちゃん、とにかく元気で唄い続けてほしね!
posted by あうる at 21:36| Comment(0) | 交友

2018年10月08日

同窓会に感謝!

 先週は3日連続して行事が重なり、さすが70歳近い身には少々堪える。2日目の会合はほとんど面識がない方々ばかりと思っていたら、祝賀会直前のウエルカムドリンクで数年ぶりに出会った方からお声がかかり、それを機に、続々と懐かしい方とお会いすることとなった。本当にありがたい。
 前日の会合はお会いする方のほとんどと面識があったが・・・・。様々な会合があり、様々な方々がおるわけで、私の立場から言えば、面識がない方が多いのは当然と言えば、当然。思えば、若いころ出された会合は、ほとんど知らない方ばかりだった。
 3度目の会合は、高校の同窓会。40分遅れで到着。400人近い会場は活気にあふれ、先輩・同期・後輩と顔見知りが多いので、気持ちはホッとする。総会が終了し、新会長も決まり、祝賀会が始まっていた。会長は同期の若狭君なら3期下の加藤さんへ。
 久しぶりの先輩諸氏の元気な顔を拝見して、それだけで力をいただいた気持になるから不思議だ。同窓会に出て30年も経つと、当時末席だったのが、かなり前の席になってしまった。それにしても良き先輩・後輩・同期に恵まれた30年であったことに感謝しなければならない。
 これからは1年1年が大事だなぁ〜と、つくづくのように感じる。ほどほどに元気でほどほどにお付き合いができるよう、体力・気力を保ちたいと思った1週間でした。
posted by あうる at 10:34| Comment(0) | 交友