2017年10月15日

クラスメイトN君、Good bye−。

 高校のクラスメートN君が亡くなった。数年前から同期会に参加をしてくれるようになり、一昨年再就職も決まり、意気揚々としていたのだが・・・・。3月の同期会に会って、その後元気でやっているとばかり思っていた。
 浪人時代も同じ予備校で、ちょうど今頃だと思う。大通公園の8丁目周辺でベンチに腰掛けてていた私に声をかけてきたのが彼だった。「林下、久しぶりだなぁ〜。どこ受ける? 俺、浪人してから成績伸びなくてさ・・・・」高校時代そこそこの成績を上げていた彼が、幾分弱気な口調で言ってきた。
 私は、8月以降急激に予備校の模擬試験の成績を上げていたので、高校時代に地道に実績を上げてきた彼にはショックだったのかもしれない。その後、彼は1浪でM大の商学部に合格し、私は志望校に不合格。悲嘆にくれての帰札。意を決して、東京で2浪目を過ごすことになる。今思い出しても一番つらい時だった。
 東京での学生時代は、N君とは全く接触することもなく、40歳近くになり同期会の幹事になってから、連絡を取るようになった。縁は不思議なものである。同期の親しくしている友人にM大卒が多く、たまたま同級の彼と連絡が取れるようになった。
 毎年3月に開催する同期会にもここ数年、出席してくれている。そんな旧交を温めるようになった矢先の訃報だった。通夜には出られなかったが、告別式に参列させていただいた。若き日の様々なことを思い巡らしながら、半年ぶりに彼の穏やかに顔に再会。ご家族にもお会いする機会を得た。 合掌

IMG_3369_R.JPG  IMG_2116_R.JPG
 右側がN君です。  

posted by あうる at 20:30| Comment(2) | 交友

2017年06月25日

北海道久成会6月例会を終えて・・・・。

 北海道久成会の例会が昨日、サッポロファクトリーのビヤケラーで開催された。出席者は30名ほど。総レンガで覆われたアーチ形の会場はほぼ満員。早めに会場入りしたが、TV局の取材が入っており、少々驚いてしまった。どうやら7月4日に村橋久成翁の特番に絡めた数分間の取材とのこと。
 いずれにしても開道150年に因んで「北海道みらい事業」として北海道久成会が何かできないか・・・というのが、6月例会のテーマである。思いがけない久成会例会のTV取材ではあったが、そのことが喜ばしい機会であると思ったのは私だけではあるまい。
 懇親会にな派入り、恒例の木原直彦先生の乾杯の音頭は、いつもと趣向を変えて「村橋久成に乾杯!」と先生にご発声いただき、その直後に全員で声高らかに「乾杯!」。ご高齢の先輩が会の7割を占めるが、あらゆる面でエネルギッシュな方々が多い。
 ビールを飲み始めると、そもそも引き出しの数が多い諸先輩ばかりなので、例会のテーマである「北海道みらい事業」に関するアイデア、企画案がマイクを持った方々が、続々と提案された。
 さて、計画はどんな方向に進んでゆくのか・・・・。16:30から始まった懇親会が終了したのは、20:30を回っていた。
posted by あうる at 18:51| Comment(0) | 交友

2017年06月07日

高校同窓会ゴルフコンペは大盛況!

 昨日、高校同窓会ゴルフコンペが開催された。思えば、14年前、坂本前同窓会長から役員の2次会の席で「同窓会ゴルフ大会をやろう!」の提案で始めることになった。実行委員会、競技委員会の委員長をどなたお願いするか等々、当時の事務局長の中村先輩と頼りない事務局次長の小生で某先輩にお願いすることになったのであるが・・・・。
 大会実行委員長のもと、一度決まりかけたゴルフ会場が論議の末、別のゴルフ場に変更。お任せした実行委員長に大変ご迷惑をおかけした経緯がある。ともあれ、80名近い参加者があり、無事第1回大会は終了した。
 その後、若狭同窓会長の時代となり、新世代が意欲的に役員を引き受けていただき、第10回の同窓会80周年記念大会は100名超えの大盛況。今年は96名の参加とその勢いは止まらない。
 2008年に共学して10年。数年後には、間違いなく女子卒業生の参加があると思われる。非常に楽しみな大会となってきた。
 いずれにしても後輩の皆さんの陰で支えあう力は絶大である。目に見えない伝統の力を感じるのは、私だけではないだろう。やはり、何事も「覇道より王道」(力ではなく、心で動かす)なのである。
 提案者の前坂本同窓会長は数年前に他界されたが、正に「覇道より王道」の精神は今も後輩たちに引き継がれているような気がしてならない。

IMG_2480_R.JPG  IMG_2476_R.JPG



posted by あうる at 16:42| Comment(0) | 交友