2018年03月18日

成熟した会

 昨日、「北海道久成会の総会」が開催された。会場は札幌ファクトリ―のビヤケラーの奥の一室。総レンガ造りのアーチ型の部屋である。140年以上前、ビャダルを保管していた倉庫だっだそうで、使用されているレンガの多くはその時代のものである。
 北海道久成会・2代目会長の岡田さんが先月お亡くなりになり、総会前に全員で黙禱をさせていただいた。総会後の講話は「札幌ファクトリー物語」という演題で初代会長の有馬さんお話しいただいた。20年前にファクトリーが出来上がる前の準備室のころのエピソード等々、久成会の発足当時の話にも至った。有馬さんは、その頃、読売広告の社員だったそうである。
 北海道久成会は今年で発足、18年程になる。2005年9月23日久成胸像が知事公館前庭に建立されて13年経過した。建立するまでの2年間余り、様々な議論もあり、20人ほどの関係者(多くは久成会会員)が2週間に1度、すみれホテルに集まり、建立場所、建立資金調達方法、建立業者等々、話が煮詰まるにつれ、微に入り際にわたり、熱が入っていった。
 2代目会長の故岡田さんお含め、当時かかわった多くの方々、そして田中和夫先生原作「残響」を演劇化するうえでご協力いただいた故森山軍治郎先生(北海道専修短期大学教授)らの熱意は、並々ならぬものがあった。
 あれから13年経過し、お亡くなりになられた方や退会された方もっ少なくないが、会員43名、総会出席者28名と新会員も増え、木原直彦、田中和夫両長老のご指導のもと「北海道久成会」は益々成熟した会になりつつある。
posted by あうる at 17:27| Comment(0) | 芸術・文化

2017年10月07日

ノーベル文学賞、日本人受賞!?

 ノーベル文学賞が日系イギリス人のカズオ・イシグロ氏に決まった。昨年のボブ・ディラン氏もそうだったが、専門家の多くは、カズオ・イシグロ氏の受賞を予想していなかったようだ。毎年受賞候補の最右翼に上がっていた村上春樹氏は、今回も受賞できなかった。残念だ!
 イシグロ氏はインタビューの中で、世界的なベストセラ―作家として圧倒的に若者に人気のある村上春樹氏は好きな作家であり、その彼をを差し置いて自分が受賞したことに罪悪感を覚える。そんな発言をしている。
 いずれにしても日系人の受賞が追い風となり、出版界が大いに盛り上がりを見せてくれれば、と多くの関係者が願っているはずだ。
 ベストセラー作品と<エンタメ性、社会性>それぞれの作家のテーマにもよるが、世界の読者、特に若者たちに絶大な影響を与えている村上春樹が、ノーベル文学賞を受賞できないのはなぜか・・・・。
 同世代だけに、ここ1〜2年の間に大江健三郎氏以来、日本中が感動に沸いたあの瞬間を味わいたいと思っているのは、私だけではないだろう。
posted by あうる at 08:22| Comment(0) | 芸術・文化

2017年09月09日

晩夏から初秋へ

 9月とは言え日中は25℃前後の日が続いている。蒸し暑さも感じる。やはり北海道の初秋の時期としては、朝晩はともかく湿度が高いように思える。むしろ晩夏という感じか・・・・。
 爽やかで暑さも感じる。心地よい気候だ。札幌国際芸術祭は8月6日〜10月1日まで札幌の周辺地区で、様々なイベントが開催されている。札お踊り公園では秋のシーズンに向けて「オータム・フェスタ」が始まった。全道各地のご当地グルメが勢ぞろいする。
 いよいよ本格的な秋に向けて、地元の方々やインバウンドの皆さんに気に入ってもらえる催しが始まった。9月8日〜11日にはチカホでは、札幌市主催のフォトコンテストやパネル展、講演会等々が開催される。来年は「北海道命名150年」所謂、北海道150年の年だ。
 出版業界も版元・著者・書店・取次・が一丸となって、北海道150年で培われた歴史・文化をし書物を通して、広く多くの道内外の方々に知っていただくいい機会になるのでは・・・・と思う今日この頃です。
posted by あうる at 11:18| Comment(0) | 芸術・文化