2018年12月19日

再度、勇気を持って突き進め!

 最近ある会合で思いがけないお方とお話しする機会があった。お相手は日本フォーム印刷工業連合会専務理事・山口実氏。氏が会場に来賓として出席されていると聞いたので、引きも切らずご挨拶に来られる方が多い中、間隙をぬって私の方から山口氏に話しかけてみた。
 山口氏は快く初対面の私と名刺交換をさせていただき、過去2度ほど氏の参加されたシンポジュウムを聴いたこと、文章を読ませていただいたこと等々をお話しさせていただいた。想像を超え柔和なジェントルマンだった。
 実はこの山口氏は2012年ドイツで開催される機材展ドルッパ終了後、その2年前にアメリカで出版された衝撃的な書籍「未来を破壊する」(ジョー・ウエブ博士とリチャード・ギア氏共著)を日本に紹介することに尽力された立役者(本書の監修)である。翻訳者は山下純一郎氏。
 本書は一般商業印刷を主とした今後の印刷業界に警鐘を鳴らしている内容の本だが、私が考えていたほど日本の印刷業界では話題にならなかったような気がする。加えて、監修した山口氏がフォーム印刷業というポジションにおられたこともあり、業界のカテゴリーの違いからくるギャップは予想以上に大きかったのかもしれない。。
 いずれにしてもこの書籍に着目した山口氏の慧眼ぶりには、6年経った今も敬服に値する。本書は、急速な勢いで印刷マーケットがシュリンクしており、機械寿命よりマーケテング寿命が短いと言われている昨今、紙媒体に拘らず、多様に変化する新たなメディを取り込み、果敢に突き進むしかないことをこれからの印刷人に示唆しているような気がしてならない。勿論、同質の考えを持つパートナーと共に!
posted by あうる at 09:37| Comment(0) | 印刷・出版

2018年10月31日

「がんばろう!北海道!」

 本来であれば、忙殺されるくらい慌ただしい10月を想定していたが・・・・。9月6日の胆振東部地震以来、思いのほか仕事の進捗ぐわいが悪く、加えて予想以上の経費増、全く以って頭が痛い。
 恐らく弊社以外のどの企業もビジネスへの影響は否めまい。震源地の厚真周辺は元より、清田区、東区、北広島大曲地区等々、札幌周辺でも自宅を失う大きな被害が出ている。ほんとうに気の毒でならない。心よりお見舞い申しあげます。
 さて、今年も残り2ヵ月。明日からは11月が始まる。厳しい道内事情はともかく、これからの2ヵ月は弊社にとって最も重要な時期である。社員一丸となって、この苦境を乗り越えるしかない。「がんばろう!北海道!」「がんばろう!なかにし!」
posted by あうる at 08:21| Comment(0) | 印刷・出版

2018年10月15日

「日本生活情報誌協会」解散!

 「日本生活情報誌協会」が今月をもって解散することになった。生活情報誌(フリーぺーパー)の唯一の業界団体で、平成10年にフリーペーパーの普及、発展を目指い設立されたそうだ。解散の理由は、この20年間で媒体環境の激変があり、その役割を終えたとのこと。
 思えば、15年ほど前だったが、浜松町に事務所があったとき、お伺いし、関係者の方々に手厚いおもてなしを受けたことがある。その後、定期的に会報をお送りいただいていた。私としては貴重な情報を得ていた。
 情報誌として紙媒体は決して衰退しているわけでもないが、紙にせよデジタルにせよ、情報をどうとらえるか・・・・、がこれからの文字・活字に関わるものの重要課題であろうと思う。好奇心をあおる消耗品的な情報と知識・知恵としてデータ上、残す意味のあり、大いに役立つ情報は、全く別なものだと思うのだが・・・・。
 弊社で発行している「あうる」は1998年頃の発行で、狭義的にはフリーペーパーとしていまだに年4回発行続けている。生活情報誌(フリーぺーパー)となると、かなりすそ野が広くなり、コンテンツの的が絞りにくくなってきているのかもしれない。いずれにしても、残念でならない。
posted by あうる at 11:06| Comment(0) | 印刷・出版