2017年03月30日

稀勢の里、二連覇おめでとう!琴奨菊、頑張ったぞ!

 26日の大相撲春場所の千秋楽、大方の予想に反して横綱・稀勢の里の大逆転優勝となった。ここ数年相撲ファンを裏切るだけ裏切ってきた稀勢の里。先場所の優勝に続き、二場所連読の優勝である。専門家も日本中の相撲ファンも照ノ富士の優勝を信じて疑わなかったというのが本音であろうと思う。
 今日の報道によると、日馬富士戦での左肩付近の負傷は、左上腕の筋損傷で加療1ヶ月とのこと。それにしても13日まで死角らしいところがなかっただけに、日馬富士戦で転げ落ちた後の痛がりようを観てる限りでは、観客席の雰囲気は絶望的であった。
 そして出場を決めたよく鶴竜戦の2敗目。相撲内容から云って絶望のがけっぷちである。あれだけプレッシャーに弱い、下位の力士に取りこぼしか多い、相撲の読みがない等々、浴びせられるだけ浴びてきた非難や失望と嘆息の無言の嵐に耐え続けたここ数年。失意のどん底にあるかと思えば、妙にサパサパして見えたり、稀勢の里という青年は、決して憎めない関取なのである。その性格の良さや腰高と言われ続けた下半身も、今では逆転劇の根幹であるとまで言われるのだから、ある意味では勝てば官軍なのであろう。
 いづれにしても2016年1月場所に日本中を沸かせた大関・琴奨菊の初優勝。2016年9月場所で全勝で初優勝を果たした大関・豪栄道。稀勢の里2連読優勝の原動力は、前述の2横関の優勝であることは間違いないであろう。特に今回大関復帰を果たせなかった琴奨菊には、本当によく頑張ったと言いたい。まだまだ続けてほしいね!
posted by あうる at 15:48| Comment(0) | スポーツ

2017年01月23日

優勝、おめでとう!稀勢の里。

 この一年余りで、琴奨菊、豪栄道、稀勢の里と日本人3大関の優勝が決まった。特に稀勢の里に関しては、10代から大器と目され、その後、大関になってからも何度も優勝のチャンスを得ながら、ことごとくモノにできないまま2大関に先を越された。
 とにかく取りこぼしの多い大関である。横綱・大関等の強い相手には、互角以上の星を残しながら、下位の力士やここ一番がかかると、その負け方が無残なくらいもろいのだ。大関になってどれだけ期待を裏切られたか・・・・、私だけではあるまい。
 これほどまで期待に応えられない稀勢の里だが、なぜか憎めない風貌と所作の力士である。それ故に、期待を裏切り続けてもファンは後押ししてくれる。判官びいきもあろが、ここ10数年、激しいモンゴル相撲の影響もあって、荒々しい張り手や肘うちまがいの手法で、カチをもぎ取る相撲は、やはり品位に欠ける。
 そんな中、稀勢の里のあの「ドヤ顔」は愛嬌たっぷりだし、相撲の取り口は相手にもあり品格を感じさせてくれる。恐らく勝負の世界では珍しいほど内面的な優しさの持ち主なのかもしれない。それ故に本人をよく知る地元ファンは勿論、身近にいる周囲の方々や報道関係者にも支援が広がり、幅広い支持を受けているのであろう。 
 今回、体調不十分でテレビ解説ができなかった北の富士は、自称「稀勢の里を横綱にする会」の会長であるそうだし、解説者の前の海は副会長とのこと。このお二方も認める実力を持ちながら、二人の大関に優勝を先行されてしまったことを彼らは歯がゆい思いで見ていたに違いない。
 「神様は稀勢の里に、随分長い間、試練をお与えになった」と前の海は言っていたが、さて、その試練の意味は、なんであろうか・・・・。今後、横綱・稀勢の里の土俵での雄姿が、そのすべてを語ってくれるだろう。いよいよ19年ぶりの日本人横綱の誕生が目前だ。


posted by あうる at 11:29| Comment(0) | スポーツ

2016年12月19日

歴史的健闘!

 結果的に負けはしたが、鹿島アントラーズの試合内容は、歴史的健闘と言ってもいいだろう。本来であれば、初戦敗退。良くても準決止まりとみていたのが、大方の下馬評であろうと思う。
 それにしても日本代表バヒド・ハリルホジッチ監督が言うように、「鹿島を祝福してあげてほしい。ただ審判の笛がああでなければセンセーショナルな結果になっていたかもしれない。怒りがこみ上げてくる」。レアル寄りの判定がなければ、鹿島が勝つこともできたという口ぶりだ。「レッドカードを出すべきところもあった。スキャンダルだ」と言い切った。レッドが出ていれば、さて試合はどう展開したか分からない。
 いずれにしても鹿島の組織力と運動量は、いい意味で日本のサッカーのスタイルに一石を投じたことになる。
posted by あうる at 16:44| Comment(0) | スポーツ