2020年03月15日

やはり観客がいてこそ・・・・。

 連日、無観客の大相撲初場所を見ている。昨日のゲスト解説は先場所引退した豪栄道(武隅親方)。現役時代は、激しさや悔しさを言葉に出さず、口を真一文字に閉じて語らない寡黙な力士の印象がある。解説者としては、穏やかな表情で語っており、現役時代のふてぶてしい硬い表情とはうって変わって、和らいだ表情だった。力士によっては、現役時代とこうも違うものかと驚いてしまったが、それだけプレッシャーも大きかったのだろうと思う。
 朝青龍、日馬富士の引退後、その後も白鳳を中心にモンゴル勢の優勝が続く中で、2016年大関・琴奨菊が日本人力士の意地を見せ、2006年初場所の大関栃東以来10年ぶりに日本人力士優勝の口火を切った。翌年の1月場所には、大関稀勢の里の逆転優勝し、横綱昇進(連続優勝)。その後、大関豪栄道の優勝もあり、ようやく日本人力士の活躍が目立ち始めた。そのきっかけを作ったのは、何といっても琴奨菊の優勝に他ならない。
 その後、御嶽海、貴景勝と若手の優勝が続き、1月場所では遅咲き・徳勝龍が幕尻優勝という離れ業をやってのけた。やはり日本人力士の優勝は盛り上がる。前代未聞の観客を巻き込んだ涙・涙の感動的な優勝だった。
 さて春場所は、大相撲始まって以来の無観客大相撲となり、今日で8日目を迎える。全く桟敷席からの声援が聞こえなのは、悲しいかな場内の盛り上がりに欠ける。閑散とした場内での相撲は、力士の気持ちも燃え上がらないであろう。やはり観客がいてこそ、力士との一体感が生まがれ、テレビ観戦もラジオ中継も臨場感に湧くのである。勿論、あらゆるスポーツに言えることだが、アスリートへの声援は彼らへの大きな力になっているのは、間違いない。
posted by あうる at 19:35| Comment(0) | スポーツ

2020年02月16日

幻の講演。

 野村克也さんが亡くなった。3年前、奥さんのサッチーこと野村幸代さんが亡くなられてから、かなり精神的にも健康面でも不安定な状態が続いていたようだ。
 お二人でテレビに出演していた全盛のころ、特にサッチーは怖いもの知らずで、周囲に臆することなく、ストレートに発言していた。半面、ご主人の野村元監督は、ぼそぼそとボヤいたり、時にはずばり核心を突くことで人気のキャラクターだった。監督時代に「ID野球」と言われ、データを駆使して科学的に進めていく緻密な野球で日本を代表する選手を育てたり、ピークを過ぎたかに見えた選手を見事に蘇生復活させてきた。
 似合いの夫婦とはこういう夫婦を言うのかと思わせるほど、好対照のキャラで、所謂姉さん女房である。かつての大スター巨人の長嶋・王元監督をライバルとして、戦後初めての3冠王となり、選手としても監督としても、ひたすら地道に実績を積み上げてきた苦労人である。
 時代は皮肉なもので、どんな実績を残そうとも、大スターは別物である。野村元監督は、選手時代を含め決してスター選手・監督ではなかった。だからこそ生涯、長嶋・王に対しては、劣等感を持ち、負のエネルギーうを燃やしてきたのだろうと思う。結果、選手・監督時代共に、残した実績は超一流である。
 奥さんを亡くした直後、新聞社主催の講演会で野村元監督の講演を聴く機会があったのだが・・・・、実は直前に体調不良で中止になってしまった。楽しみにしていただけに、今だに残念でならない。
posted by あうる at 12:45| Comment(0) | スポーツ

2019年11月23日

失望と希望の九州場所。

 明日が千秋楽の大相撲九州場所は、相撲好きの私でも中盤からすっかり興味を失ってしまった。横綱鶴竜の休場はともかく、カド番大関豪栄道と高安、大関陥落の栃ノ心の休場。大関に復帰した貴景勝の優勝争いからの脱落。幕内優勝2回の経験者である関脇御嶽海は、横綱白鳳戦の大一番破れて負け越し。同時に千秋楽を待たずして白鳳の43回目の優勝が決まった。失望の原因をあげつらえば枚挙にいとまがない。
 一つだけ希望を持たせてくれたのは、小結朝之山のスケールの大きい相撲を見せてもらったことくらいかと思っている。近い将来、大関は勿論、その上も目指せる逸材であることは間違いない。年明けの初場所が楽しみな関取だ。もたもたしていると、貴景勝を筆頭とする若手力士の中では相撲の取り口から言っても、2年位ほどで出世頭になる可能性は充分だ。
 朝之山はど素人の私が言うのも口幅ったいが、若手の中では技の引き出しが抜きんでていると思う。いずれにしても今場所は、明日一日あるが、全く面白みのない大相撲だった。あえて期待を込めて言うなら、1月の初場所はベテラン力士の復活と若手力士の奮起に希望を託したい。
 
posted by あうる at 22:57| Comment(0) | スポーツ