2022年11月22日

楽しみが増えた。

 20日からサッカーワールドカップが、カタールで始まった。様々なプロスポーツが盛んになってきたこともあるが、コロナでの無観客試合で、興味が削がれてしまったこともあり、今は全く以って関心が湧かないというのが正直なところだ。
 
 かつてあれほどまで楽しみにしていた日本代表のサッカー試合は、ここ数年ほとんど見ていない。数年前から相撲に肩入れし、一喜一憂しながらテレビの相撲中継を見たり、ラジオを聴いたり、ここ数年は、相撲俳句にも惹かれている。ある意味で日本人特有の判官びいきとやらに熱されているのかもしれない。
 
 相撲の大関陣の体たらく、コロナ禍事件、今シーズンの日ハムの低迷等々、私としては自宅のテレビの前で声援をおくり続けた。中でも元大関・朝乃山の復活には、最も期待している。2年以内に大関復帰、横綱昇進を目指してほしい。今の相撲界では稀に見る逸材なのだから・・・。
 
 以前は相撲や野球には、さほど関心がなかった。相撲に関しては、あまりに日本人力士の不甲斐なさに腹が立ち、テレビに向かってヤジを飛ばすようになってから、すっかりハマってしまい、応援の楽しみを覚えた。云わば、年寄りの冷や水に近い。

 私が野球に関心が向き始めたのは、全く以ってミーハー的ではあるが、来年の地元ボールパーク完成とビックボスの若手起用にある。私みたいな野球中継をほとんど見たことがない者にとっても、今年一年間、勝敗抜きに面白く見せてもらった。多くの野球評論家の云うようにどん尻の期待は裏切らなかったが、ビック・ボスの奇想天外な発想も予想通りの1年だっと言える。来季も、相撲と野球から目が離せない。

 
posted by あうる at 09:52| Comment(0) | スポーツ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: