2022年11月16日

コロナ感染はこれからどうなる!?

 11月に入り北海道のコロナ感染は、凄まじい勢いで広がっている。先日は道内初の全国1位という不名誉な1万1千人弱の感染者を記録した。国内外の旅行者が北海道に集中しているか、はたまた以前から云われているように、寒冷による室内換気の悪さが影響しているにか、決定的な原因は分からない。

沖縄の感染者が300人程度で留まっていることを考えると、北海道だけに観光客が集注しているわけではないだろう。となると、寒冷気候の影響説はかなり信憑性がある。

 いずれにしても、コロナ感染が始まって、間もなく3年経過する。100数年前は3年で感染の終焉を迎えたと聞くが、これだけ医学技術が発達しても、一向に感染力が衰えないのは、納得いかない。巷の老若男女の声を聴くと半ば、あきらめ気味である。

 外出制限や休業制限をしてきた過去2年余りの国の政策を思い起こすにつけ、あれは一体何だったのだろうか・・・・と思わざるを得ない。私自身、先日5回目のワクチン接種をしてきた。特に不安はないが、日々知らされる感染者の拡大傾向を知るにつれ、ワクチンへの信頼度はほとんど薄れている。

 早くface to faceで話をしたり、一献を傾けたりしたいものである。間もなく望年会のシーズンである。寂しい年末年始にならぬよう、ひたすら感染者の減少を祈るばかりの今日この頃である。
posted by あうる at 16:48| Comment(0) | 健康
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: