2022年09月28日

持つべきものは・・・。

 今年の8月〜9月はかなり厳しい期間だった。まずは個人的に体調を崩してしまったこと。その中での出張や身内の健康不良、ダメ出しに仕事のミスが多発したこと等々、詳細にあげつらえば、枚挙にいとまがない。そんな2ヵ月が過ぎ、振り返れば、通常の盆休みとは、一味も二味も違った過ごし方だった。

 それでも今日まで、私には会社という拠りどころがあり、少なからず公私を通じて人との関係性が存在する。会えなくとも電話やメール交換する機会があり、コロナ禍や年齢からくる付き合いの減少が加速しつつある中、お声をかけていただいたり、周囲に気楽に連絡を取れる友人知人がいることに、あらためて感謝しなければなるまい。ほんとうにありがたいことだと思う。

 先日は20年近く続いている会の例会があり、16人ほどお集まりいただいた。平均年齢は間違いなく75歳を超えているが、皆さん一生懸命で元気である。昨日は、40年来の仕事通じての友人と2時間ほど歓談した。道内では珍しく70歳を超えて今もなお、第一線で構成作家を生業にしているかただ。

 お互いの引き出しを出し合って、芸術・スポーツ・政治・文学・歴史・マスコミ等々、話は尽きない。二人とも団塊の世代ということもあり、同時代を生きてきた同志感みたいなものがある。彼とは、40年前に仕事上の痛恨のトラブルを乗り切り、二人で反省会をしたときに、「一生付き合うかもしれないな・・・」と彼が呟やき、私が頷いた通り、現在に至っている。実はその間、互いの縁で紹介し合い、更に太い絆ができた方々は、数えきれないほどだ。色々な意味で、もうひと頑張りせねばなるまい
posted by あうる at 09:36| Comment(0) | 出会い
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: