2022年09月17日

八重洲ブックセンター本店の終了!?

 1978年設立の「八重洲ブックセンタ―本店」が、来年3月で閉店することになった。本店閉店後は、本店機能を八重洲周辺のビルに移す予定と言われているが、正式にはまだ決まっていない。やはり本社は、コロナ禍による消費低迷の打撃が大きく、8店舗ある支店は比較的順調とのことである。現在の跡地には、大手建設会社と不動産会社による再開発で、28年度に48階建ての複合施設ができる予定だが、本店の入店等は定かではない。
 
 「八重洲ブックセンタ―本店」と言えば、地方の名もない弱小出版社の本を置いてくれると言うので、社長のなった直後、真っ先のご挨拶に伺ったことがある。当時、地方出版社の本を注文があるなしに関わらず、お願いをすれば、北海道コーナーに常時陳列してくれる書店は、他ならぬ八重洲ブックセンタ―本店だけだと聞いていた。 

 その意味では、大量生産大量消費に時代に、八重洲ブックセンターのコンセプトでもある「読者と本の出会いを最大限に追求する」を掲げ、文字活字文化に多大な貢献をしていただいた稀有な書店だったと言える。極めて売れる可能性の少ない地方出版社の本を置いていただき、宣伝力のない弱小出版社にとっては、今で云う<セレンディピティ>の可能性を提供していただいた数少ない中央書店であった。立ち退き閉店は、残念であるが、6年後の再出発を願ってやまない。
posted by あうる at 08:25| Comment(0) | 書籍
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: