2022年08月31日

稲盛和夫氏が亡くなった。

 京セラ、第二電電(現KDDI)の創業者・稲盛和夫氏が亡くなった。稲盛和夫氏のご逝去に、心よりお悔やみ申し上げます。 合掌
 
 松下幸之助以来の日本を代表するカリスマ経営者である。若手経営者を育てる「盛和塾」を興し、現在活躍する多くの経営者を育てた。同じ京都でモータ業界では世界トップシェアの企業経営者・永守重信やファーストリテイリング(ユニクロ)経営者の柳井正氏、ソフトバンクグループの孫正義氏等々に大きな影響を与えた人だ。2011年のリーマン・ショック(世界恐慌)の時は、私自も氏の著書に叱咤激励された一人である。
 
「アメーバ経営」という経営管理手法は、我々中小企業の経営者にもヒントを与えてくれた。何よりも、人としていかに生きるかを実践的に示された方で、氏のよく言う「利他の心」「知足」は、私の座右の銘でもある。ジャンルを超えた多くの方々との交流があり、その影響力は企業規模、世代を問わない。

 赤字転落し、上場廃止内なった日本航空を2年で再上場させたエピソードは有名である。また、著書「生き方」の中で言っている「己のためだけに利益を求めるのではなく、周囲や社会にもよかれと思うことを損してでもやるべきである。その利他の精神がめぐりめぐって自分にも利をもたらし、またその利を大きく広げもするからだ」所謂、「利他の心」の本質である。

 私は稲盛氏に一度だけお会いしたことがある。鹿児島大学名誉教授で文化勲章受章(2011年)された彫刻家・中村晋也氏の受賞祝賀会に出席したときである。中村晋也氏は、村橋久成の胸像「残響」を作られ、2005年に知事公館に建立させてさせていただいた。その縁で、北海道久成会のメンバーが祝賀会に招待を受けたのだ。一も二もなく出席させていただいた。その時の発起人代表が、稲盛和夫氏であった。
 
 祝賀会の半ばで、稲盛氏のテーブルの周りから人が引いた機を逃さず、札幌から参加したメンバーが6人ほどで、稲盛氏にご挨拶に上がり、握手させて頂いたり、写真を撮らせていただいた。残念ながら、その写真は見ることもなかったが・・・。大柄な稲盛氏の暖かい物腰と大きな手のぬくもりは、15年経った今でも忘れることはない。

posted by あうる at 11:39| Comment(0) | ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: