2022年01月30日

真の傾聴力を!

 3回目接種の遅れで岸田政権への非難が集中している。オミクロン株の感染力は、とてつもなく強力のようだ。にも拘らず現状は、検査キット(PCR・膠原)が不足しており、検査もできず、入院もままならないという。検査が遅れ、結果の判明が遅れることにより、濃厚接触者の不安は計り知れないと思う。巷では重症者は比較的少ないと言われているが、年齢を問わず抵抗力が落ちている方や基礎疾患のある方は、やはり重症化の危険性は否めないだろうと思われる。

 道内の感染者は連日3,000人を超える勢いだ。いつどこで誰が感染しても不思議はない。ということは、濃厚接触者になる可能性は、計り知れなく高いということだ。先日の弊社の早朝会議で、濃厚接触者が出た場合の対応マニュアルを確認をし、各部署での対応策を至急決めてることにした。保育園児、小中高生のおられる家庭では、子供たちが濃厚接触者になる可能性がかなり高く、そうなると1週間の隔離となり、企業への痛手も大きい。

 それにしても、日本では一時コロナが収まった時期もあり、「医療に関する人材の発掘、器具・資材を至急、国内生産すべきだ」との声がたびたび聞こえてにもかかわらず、経済政策を最優先。勿論、これ以上の経済の疲弊は許されない。がしかし、同時に想像力を働かせて、政局に振り回されず、現場の医療関係者の声に耳を傾けて入れば、現在の医療逼迫は変わっていたかもしれない。
 
 
posted by あうる at 09:47| Comment(0) | 政治
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: