2020年04月18日

今こそ、政治家の強力なメッセージを!

 平時にはほとんど目立たず、フリーランサー(個人事業主)という立場で仕事をしていた若い世代がいる。また、正規社員のサラリーマンのに比べ、不安定な生活を強いられている契約社員という非正規社員もおられる。過去にフリーターという名の下で自由に仕事についていた比較的若い世代の方々が、それなりの年齢になり、夫婦が力合わせて家庭を持つ人もおられる。
 景気の好不況の荒波はあれど、社会のセイフティーネットが少しづつ確立し、機能し始めているのかと思っていたのは、私自身が目の前に広がる社会しか見ようとしなかったのかもしれない。それだけのことだったのであろうか・・・。近代の歴史を紐解けば、格差社会は何時の時代も世界中で存在してきた。
 今回の新型コロナ感染症の拡大は、世界中の人々を「恐怖と不安」のどん底に陥れ、弱者にとっては、更に厳しい貧困状況に追いやっている。平時には当事者意識を持たなかった人たちも、急遽、国からの「緊急事態宣言」が発出され、自粛要請を受け入れざるを得なくなった。日々お客様を相手に仕事をする方々は、生活の道を断たれたも同然である。感染不安・生活不安に歯止めはかからない。
 ウイルス対人類の先の見えない全面戦争が始まったという方もおられる。「恐怖と不安」は誰も避けられないとしても、生活が保障されている人とそうでない人との格差はいかがなものか・・・・と思う。日々増える感染者数。日々不安に慄く生活者。今こそ政治家の勇断・英断が求められ、彼らの<希望を与える強力なメッセージ>が必要な時だと思う。
posted by あうる at 11:46| Comment(2) | 来し方行く末
この記事へのコメント
いつも貴重なご意見、感想ありがとうございます。最近のコロナ事変について上記件名等について感想述べさていただきます。人が不安を感じる最大の要素は先が見えないこと、どうなるんだわからないという点(出口が見えない)に尽きると思います。政治家、医療関係者、テレビ、マスコミ等論評見ているとコロナにはどうやって対応するかといった点ばかり(小手先の対応策)が報道され(これはこれで大切ですが)ウイルスの本質を踏まえそこから予測される事態、そして出口はどういう事態を言うのか、そこが明らかに冷静に示されていない故スーパーの混雑、公園の過密状況等の現象が出てくると考えております。その道筋を示してくれるのがウイルスを冷静に研究している専門家なのではないでしょうか。どうもそういう方の出番が少ないと感じております。マスコミに出てくるのは専門家でもない元お笑い、新聞関係者等薄っぺらなご意見番ばかりです。まともな意見を言ってるようで役に立たない時間つぶしの・・・といったことを感じております。ウイルスの本質、過去の歴史を紐解いて現代の英知を示していただきたい。話は飛びますが最近の政治家であるが特に安倍さんおかしい。妻が桜を鑑賞し怪しからんと野党に追及されあれは公園ではないとか追及にまともに土俵に乗って対応している。私なら妻のしつけが悪く今度注意をしておきますぐらいの対応しますが、(人間完璧じゃないのだから)余裕がないに尽きる。今回の10万円にしても30万の時も不要不急の人に渡したくないことが前提なのだから「10万渡しますが、年収を精査して渡すといたずらな時間と手間暇を要するのでザクっと計算して収入800万超す人は辞退、もしくは寄付ー寄付も対象でなければいわゆる確定申告の対象にならいなどつまらないこと言わないで、今は緊急事態なのだから災害時の対応と同様に扱う、といった形で行う、収入の減らない公務員、年金者は辞退する仕組み、考えれば分かりそうだけど」そうすれば必要な人に浄財が渡ると考えるのですが。また家賃問題もなにゆえに借主ばかりが自分の責任でもないのに貸主も痛み分けする仕組みを作らないのか。最近のくそまじめな政治家にあきれてしまいます。この人たちに任していると日本をつぶしてしてしまうのか(日本を支えている居酒屋、町工場等)心配です。社長さん出版を通じ、北海道の今を創意工夫している、実践してコロナに立ち向かっている人々に日の目を与えてください。期待しております。
Posted by 名乗るほどでもない者 at 2020年04月26日 03:31
 核心を突いたコメント、ありがとうございます。弊社は地元の小さな出版社です。出版物は勿論、あらゆる機会を通して、今後も地域に役立つ様々な情報を発信して参ります。精一杯頑張りますので、よろしくお願いいたします。
Posted by Eiji Hayashishita at 2020年04月27日 12:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: