2020年04月12日

「駅ピアノ」は素晴らし!

 「駅ピアノ」というNHK番組を観た。チェコのプラハ駅(1845年創立)にあるピアノを弾きに来る方々を映し出している番組。チェコは偉大なスメタナ、ドヴォルザーク、マーラらの天才的作曲家を輩出している音楽の国だけあって、音楽を職業としていない様々な職種の老弱男女が思い思いにピアノを奏でる。中には異国からの旅行客もいる。
 私には上手い下手の判断できないが、彼らは思い思いの曲を真剣に楽しそうにピアノを弾く。その光景は、クラッシック音楽が生活の一部として浸透しているヨーロッパではならではだ。我々日本人が思うほど、ピアノという楽器を弾くことは特別のことではないのであろう。
 駅にあるピアノの前に座る人は、クラッシックは勿論、映画音楽ありポピュラーソングありと人様々だ。広い駅の構内で、堂々と奏でる個々のパーフォーマンス観ていると、それぞれの人生を映し出しているように思える。時折り、聴き入っていた人から拍手やおひねりの好意もあるようだ。
 その日の圧巻はいかにも訳ありの労働者風の中年男性。自分の切ない人生体験を作詞作曲して弾き語る男性の歌唱力が素晴らしい。以前その曲を聴いていた女性とこの[駅ピアノ]で人生最大の出会いをしたという。演奏後、インタビューにそう答えて、相手の女性と楽し気に去って行った。
 
posted by あうる at 16:29| Comment(2) | 出会い
この記事へのコメント
林下社長殿
チェコのプラハの駅のピアノも素晴らしい。またポーランドのワルシャワ国際空港はショパン空港になっていて、音楽もショパンです。もう何十年も昔でしたが。お元気で。
Posted by 伊藤重行 at 2020年05月13日 13:13
伊藤先生、お久しぶりです。世界中大変なことになっておりますが、お元気でお過ごしですか?
また、お会いできる日を楽しみにしております。
ところで、今はまだ横浜ですか?
Posted by 林下英二 at 2020年05月26日 12:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: