2020年04月05日

大胆な政策!?

 春が近づいていることは間違いないが、一向に春の気分になれない。タイヤも靴も夏物に変え、春うららのシーズンを迎える準備はできているのだが・・・・。日本中がコロナに春を封じられているかのように、自粛ムードである。
 東京オリンピック・パラリンピック開催がの来年7月へ1年間の延期決定に始まり、あらゆるプロスポーツの開幕延期。北海道は、5月のライラック祭り、6月のよさこいソーラン祭り、札幌神宮祭等々、観光シーズンに向けて全てのイベントが中止もしくは延期になった。
 ここ数日の間に、本州の主要都市圏では新型コロナの感染爆発が始まった。今さらのような首都圏での緊急自粛要請では、はたして2週間後にどんな成果をもたらすか・・・・。正直、医療崩壊がかなり心配である。安倍首相とそのブレーンは都市封鎖をしないまでも、「緊急事態宣言」をするかどうかの判断に迷っているのだろう。国内の経済状況の急速な悪化を避けたいのが本音であろうと思う。一人ひとりの感染拡大を防止する意識が高ければ、自粛でも効果を期待できるが、大都会ではある程度強制力が働かないと一部の人の意識は変えられないだろう。
 医療崩壊が起こる前に積極的な方策を打ち出すべきである。一家族にマスクに2枚支給程度のアイデアでは、税金の無駄遣い等々の国民から顰蹙を買うだけだ。時間もない。大胆な政策を打ち出していただきたい。
 
 
posted by あうる at 17:12| Comment(0) | 災害
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: