2019年05月24日

徒然に・・・・。

 あれよあれよと云う間に時は容赦なく過ぎてゆきます。松尾芭蕉の奥の細道の冒頭に「月日は百代の過客にして、行かふ年も又旅人也。」という言葉を思い出しました。人生を旅人にたとえた擬人的な表現です。解説を紐解くと、の「月日は、永遠に旅を続ける旅人のようなものであり、来ては去り、去っては来る年もまた同じように旅人である。」とのことです。
 旅から旅へと日々過ごしていた「俳聖」芭蕉のにとって、俳人として各地を行脚することで得た<人の情けや哀れさ>を真摯に受け止め、更に名句が生み出されます。
 俳句を芸術の域まで高めていった大きな要因は、芭蕉自身が虚心坦懐に「悟り境地」達していたのではないかと思います。その後、芭蕉に勝るとも劣らない俳人で画家の蕪村、明治に入り、子規、虚子と俳句は受け継がれてゆきます。
 虚子の時代に桑原武夫によって書かれた論文。岩波書店の雑誌『世界』1946年11月号に掲載された「第二芸術論」の中で、俳句は「第二芸術」とまで扱き下ろされました。当時の虚子を中心とする俳人たちは、真っ向からの反論らしき反論もしないまま、単なる趣味、習い事のような評価をされたそうですが、大変残念に思います。 
 「散る桜 残る桜も 散る桜」と「うらを見せおもてを見せて散るもみぢ」この二つの句は、江戸時代の良寛和尚の辞世の句と言われておりますが、僅か17文字に、人生のはかなさとせつなさ、それ故に潔さの美を感じさせてくれます。
 論文が書かれるまでの経緯等々の詳細は、ネット上の知識しかないので、時期を見て当時の大論争を読んでみたいと思います。それにしても矢のような速さで過ぎてゆく日々は、日増しに実感するばかりです。 
posted by あうる at 09:42| Comment(0) | 芸術・文化
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: