2019年05月15日

米中の貿易戦争に思う。

 米中の貿易戦争がかなり深刻になってきている。世界中の景気動向に多大な不安を投げかけることになる。かつて8%以上のGDPを挙げていたころの中国は、世界の生産工場といわれていたが、生産性が上がるにつれ所得も上がり、生産コストが上がる。ここ数年は諸外国のメーカは、中国を中心とする生産拠点をアジア諸国やの別の地域に移転し始めている。
 日本もそうだったように、先進国になる国は発展途上の過程で、必然的に経験することである。生活が豊かになり始めると、国内では生産コストが高くなるので、気が付けば、製造業の拠点は海外に移り、国内の基幹業種である製造業は下降線をたどり、サービス業が台頭してくる。
 米国のサービス業が全業種で占める比率は、80%前後であろうし、日本は60%、中国は50%、他の先進国はこぞって70%を超える。ただし日本と違い、サービス業の収益性が高いと言われている。質はともかくとして・・・・。
 問題はそのサービスの生産性つまり収益性が高いかどうかであろう。奉仕に近いサービスでさっぱり生産性が上がらないサービスは、ボランティアのような存在になってしまう。
 いずれにしても今回の米中の関税問題を機に、あらゆる生産拠点が、東南アジアの諸国に移転する可能性がある。ローコストを追い続けることは、安い労働力を求める大手経営者の方針は世界各国共通だ。ただし企業規模の大小を問わず、製造業もサービス業もその良質性を問われている時代であることは、間違いない。
 そういえば、’80年代のレーガン時代に米国は「双子の赤字」(財政収支と、経常収支(輸出入など対外取引の帳尻)が、ともに赤字になっている状態。)に苦しみ日本にも、かなり無理な要求を押し付けてきたことがある。
 1年半後の東京オリンピック・パラリンピックでは、日本人ひとり一人が持っている<おもてなし>の精神をを披露する最大のチャンスだと思う。心に染み入る日本人の「おもてなしの神髄」を是非とも世界から集まる多くの皆さんに知っていただきたいと思う。
posted by あうる at 10:19| Comment(0) | ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: