2018年11月30日

労働力=人間

 早いもので明日から師走に入る。ここ十数年で今年ほど様々なことがし生じた年も珍しい。公私ともにと言えば大袈裟だが、ある気味で日本中、いや世界中が猛暑と災害に苦しんだ年だったと言える。そんな今年も残すところひと月足らず。これからが呻吟(???)の日々が続く。
 先ほど文具店で手帖を見ていたら、来年度分はほぼ出そろっている。平成は来年の4月31日の翌日、つまり5月1日から改元となるわけだ。そうなると祝日はどうなるのか・・・・。新年度カレンダーを制作している会社は、きりぎりまで苦慮しているようだったが、結局どの会社もすでに見切り発車したようだ。手帳に関しては、5月以降、新たに再販を考えているところもあると聞く。
 いずれにしても休日は増えることはあっても、減ることは決してない。働き方改革等々で中小企業の経営は益々難しくなり、人集めのハードルが高くなる。確かなことは、どの仕事に就けば将来的に安泰なのかは、誰にも分らないということだ。人口減という先進国を襲う今世紀最大の課題は、AI化だけでは決して解決しないだろうと思われる。
 先日衆議院で可決した入管法改正案によると、新たに在留資格が2つほど増えるというが、所詮低コストでの労働力集めの感は免れない。安倍首相は11月の衆院予算委員会で、外国人労働者の待遇について「その人たちの出身国がどういう経済的状況であろうと所得水準がどうであろうと、日本人と同等以上の賃金でということは変わらない」という答弁をしたそうである。「労働力=人間」であることをくれぐれもお忘れなく。
posted by あうる at 16:34| Comment(0) | 政治
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: