2018年11月23日

まだ何が起こるか・・・・。

 今年は「北海道命名150年」の年であるが、遅れに遅れた札幌の初雪は128年前(明治22年)とタイ記録になってしまった。3連休の今朝は10〜15pの積雪。今年初めての雪かきとなった。老夫婦でなんとか凌いだ。これからが本番だ。
 ここ2年程、腰痛に悩まされていたが、減量、様々なストレッチ等々を継続してきたこともあり、少しづつ改善されてきた。お付き合いと足腰の鍛錬を兼ねて行っていたゴルフも今年は3分の1に減らし、その代わりとにかく歩くことを心掛けている。
 用あって札幌駅周辺に行くことになったが、大通公園は昨日から12月25日に向けたミューヘン・クリスマス市が行われている。まだ人の流れは今一だが、名物のイリュミネーションが始まり、インバウンドも少しづつ戻り始めれば、これからの雪の札幌に花を添えてくれるだろう。
 今年の残すところひと月と10日ほどだ。目が回るほど色々なことがあり、かといって決して驚きはしないが、地震・災害を含め不測な出来事が多い年だ。まだ何が起こるか予想だにつかない。こういう時は大胆に(?)ポジティブに構えることが大事だと思っている。
 
 
posted by あうる at 17:10| Comment(0) | 行事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: