2018年09月16日

忍耐と寛大さをもって・・・。

 地震から早くも10日経った。その間、様々な方々とお会いする機会があったが、地震の被害を目の当たり受けた方々のほかにも間接的な被害とでもいうべきか、停電による恐怖感や様々な被害が明るみになっている。あらゆる職種が電力に頼らざるを得ないという状況の中でのブラックアウトだった。
 観光地として人気が高まっている北海道。過去、地震に等で被災した地域につきものの風評被害がとやらに見舞われ、観光地のツアーキャンセルが引きも切らないという。これからの北海道は、紅葉シーズンに向け見どころ満載の人気スポットが多いだけに、道内全体に与える影響が心配である。
 くれぐれもツイッター等によるデマ拡散には惑わされないようにしていただきたい。節電広告やで計画停電の話が耳に入る限り、やはり日常生活の不安はなくならない。したがってインバウンドの方々は、より一層不安に拍車をかけることになる。
 いずれにしても、震源地である厚真のライフラインの一刻も早い復旧が、なによりも最大課題であろうと思う。数日前までスーパー等々に足を運ぶにつけ、まばらではあるが空白の棚を見かけた。生産地や輸送する方々のご苦労は、いまだに消費者である我々の想像を絶する状況にあろう。
 それにしても復旧に携わっている方々の日々のご努力には、今更ながら頭が下がる。それぞれのご苦労を知るにつれ、私自身ももう少し忍耐と寛大さをもって日常生活を送らなくてはと思う今日この頃である。
posted by あうる at 12:06| Comment(0) | 地域
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: