2018年08月24日

’70年代は遠くなりにけり。

 昨日、池江璃花子選手(18)がアジア大会の水泳で44年ぶりに5冠達成をしたが、所謂マスコミでは、5個はタイ記録であるとか、過去最多に並ぶとかいうが、特にテレビでは、誰がいつ出した大記録については全く触れなかつた。昨日ネットを見て初めて、西側よしみさんの名前を目にした次第。今朝の朝刊で、ようやく彼女の名を取り上げた新聞もあった。
 テレビのアナウンサーやゲストからは、過去最多の5冠に並ぶと繰り返し聞いたが、西側よしみの記録に並んだとはだれ一人言わなかった。半世紀近く前のことだから名前は忘却の彼方なのだろうか・・・・。池江が6冠目を取る前に、「過去の大記録、西側よしみの5冠に並んだ!」くらい中継中に言ってもいいのではないか・・・・。
 西側よしみさんは、男女合わせても日本初のオールラウンドスイマーであり、紛れもなくレジェンドなのです。′70年、’74のアジア大会で5冠を達成したが、オリンピックではあまり活躍できなかったからなのだろうか・・・・。それにしても当時の西側選手は、170pと大柄で、世界でもいくつかの種目で通用する力は十分あったと思う。
  
posted by あうる at 12:04| Comment(0) | スポーツ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: