2018年08月07日

2025年ショック!?

 最近「2025年ショック」なる言葉を耳にする。団塊の世代が全員、後期高齢者(75歳以上)になる年である。貯蓄があると言われている後期高齢者世代(それぞれの家庭で予期できないことが起こり、実は彼らの晩年生活は、予想をはるかに超え困窮している方が多いと聞いている)や少子高齢化を社会問題として多くに人が捉えているのかと思いきや、若い起業家たちの中には、むしろビジネスチャンスとして果敢にチャレンジするベンチャー企業が増え始めているというのだ。
 確かに住宅街に住んでいても車を運転できなくなれば、当然買い物に行くのに難儀する。病院や役所にも歩くか、公共の交通機関を活用するとなると生活は一変する。車で10〜15分が、徒歩だと30分以上かかってしまい、病気がちのお年寄りには、かなりきつい環境になる。もう身の回りでは始まっている。所謂、買い物難民と言われる方々が増えいる。
 お年寄りにサービスを提供するビジネスが、右肩上がりの時代に圧倒的に日本の消費を促してきた我々団塊の世代とその上の世代に向けて、消費者としてターゲットにされるである。高齢化社会の課題解決する「コミュニティビジネス」は、すでに数多く立ち上がち始めているらしい。さてどんな名称のビジネスになるのか・・・・。
 私自身は少子化や核家族化を考えると、いずれにしてもできるだけ自立した年寄りにならなければなるまいと思っている。お金も必要だが、何といっても元気で生活するためには体力が必要だ。今から少しずつケアしておかなければ・・・、と強く思う今日この頃です。
posted by あうる at 08:28| Comment(0) | 高齢者
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: