2018年07月06日

毎年、災害による記録的被害が・・・。

 ようやく初夏の日差しに戻った。それでも気温は20℃ほど。会社の室内に入り込む心地よい風と日差しは久しぶりだ。まるで本州の梅雨明けのようだ。
 さて、今日は弊社の健康診断。理由(わけ)あって私も受診することになった。体調は万全ではないが、この年代になれば、致し方ない。昨夜は夜の8時以降の食事、酒は控え、今朝の食事もパス。睡眠も珍しく6時間は取れた。最近にしては、上々かもしれない。
 それにしても朝日が気持ちよく差し込み、気分はここ数日のそれとは天と地である。やはり天候は間違いなく心に恵みを与えてくれる。地球儀を眺めながら、今朝のニュースを思い出す。台風による全国各地での河川の氾濫や土砂崩れの被害やそのリスクを報道していた。
 幸いにして札幌周辺で大きな被害は報告されていないが、室蘭、旭川、深川方面、全国的にも多くの地域で被害が出ているようだ。河川の氾濫や土砂崩れ、地盤の劣化等による災害が主であるようだが、一日で降る雨量も半端なものではない。まずは被害に遭われた方々、特に孤立されている集落の皆さんには、救援活動も始まっているので、もう少し頑張っつていただきたい。それにしても心が痛む。
posted by あうる at 08:19| Comment(0) | 地域
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: