2018年06月26日

心の持ち方

 この数日は、かなり慌ただしい週末だった。元気な高齢者と行動を共にすると、ついつい自分自身が高齢であることを忘れてしまう。現役であるということを考えると、決して同じ土俵ではないのだが、私より10歳以上年上でありながら、彼らのエナジーは私のそれをはるかに超えている。
 ドイツ出身の詩人サミュエル・ウルマン(1840年〜1924年)の言葉を借りれば、「青春とは人生のある時期ではなく、心の持ち方を言う」。若さを保つのは心がけ次第ということか・・・・。
 その意味で諸先輩から共通の学ぶべき点を挙げてみると、早起きである。体力づくり、リハビリーに余念がない。目標に対して持読力がある。人に会うことに臆しない。楽天的である。最後に高齢者の欠点のようにも見えるかもしれないが、実は「自己中心的で、頑固である」。勿論このことも、彼らから学ぶべき一つだと思っている。
 さて、近々ご高齢の方とゴルフをする機会がある。彼らのエネルギーに気圧されないよう、マイペースで頑張らなくちゃね!
 
posted by あうる at 08:55| Comment(0) | 高齢者
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: