2018年06月21日

スポーツを通して

 ワールドカップ・ロシア大会が始まり、今まで取り沙汰されていた国内問題(日大アメフト・モリかけ問題・カジノ法案等々)や国際問題(米国抜きのG7・北朝鮮問題・米中課税報復問題等々)が報道から雲散霧消しているきらいがあり、非常に残念である。
 ややもすると若者たちの多くは4年に1回のワールドカップ・サッカーだけに、関心のすべてが試合の勝敗に向けられがちであるが、同時に国内・国際情勢にもしっかりと目を向けてもらいたい。ワールドカップ直前に起きた大坂の地震。震度6弱という大きなもので、日増しに死傷者が増えている事実。今後の余震がなんとも心配である。
 ブラジル大会でも美談として話題になったが、日本人サポーターのゴミ片付けはロシヤでも実践されており、日本人の整理整頓文化を世界に知らしめることとなった。嬉しいですね!どうやら次回の対戦相手であるセネガルも日本の良さに倣い、ゴミ片付けを実行しているそうだ。強敵だね!
 さて、この際だから弊社の行動規範である「時を守り。場を清め、礼を守る」の意を今一度、みんなで確認したいと思う。
posted by あうる at 08:23| Comment(0) | ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: