2018年06月11日

心優しき男たち

 公私ともに随分お世話になった身近な友人がひと月余りで2人逝ってしまった。5月の上旬に20年来の親しい友人が逝き、昨日、中学からの50年付き合ってきた学友を失った。娘さんからの訃報だった。言葉を失うくらいショックだった。
 お二方とも2年〜5年と様々な治療に耐え、ひたすら回復するために頑張り続けた。彼らと周囲で支えられたご家族に心からご冥福をお祈り申し上げたい。私自身お二人には様々面で力になってもらい、感謝の意は筆舌に尽くしがたい。
 彼等とは亡くなる3〜4日前に電話で話をしたり、メールのやり取りをした。ここ数年、会う回数が極力多かった。そのせいもあり、今の私は心の奥底にぽっかりと穴が開いたような状態である。稀にみる「心優しき男たち」だったからこそ、その喪失感は計り知れないくらい大きい。
 彼等の病気が表面化したのは、それぞれが仕事にピリオドを打った矢先である。それまでそんな素振りすら見せなかったのだが・・・・。半年後の検査で発覚。その後、長期の治療が始まった。
 二人に共通していたのは、ご家族思いでいつも笑顔を絶やさなかったことだ。全く弱音も吐かなかった。それが彼等の周囲への気遣いだったのであろうと思う。
 O君、昨日はご自宅で穏やかな眠っていたね。明日は会えなくて申し訳ない。安らかにゆっくり眠ってほしい。お世話になったね、ありがとう。 
 
posted by あうる at 10:13| Comment(0) | 交友
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: