2018年05月31日

実りある未来を求めて。

 私がインターネットを活用し始めたのは1996年。46歳の時でした。Windows 95 が世に出た翌年です。世の中がアナログからデジタルに大きく舵を切り始めました。’90年代中頃からグローバルにパラダイムシフトが始まり、価値観も変わり始めました。所謂、世紀末現象です。
 あたかもミレニアム(2000年)が新時代到来かのように21世紀に向けて、今思えば、世界中が「期待と不安」で混然一体となっていたような気がします。正確には新世紀の始まりは、2001年いうことになりますが・・・・。
 ’90年代のバブル崩壊からの失われた10年を経て、その後、サブプライムローン(米住宅ローン問題)を引き金に、2008年のリーマンショック、翌年から世界大恐慌と続きました。その間の10年を含めて、2011年ころまでが「失われた20年」と言われてきました。
 一時、自民から民主党政権も変わりましたが、東日本大震災、福島原発事故後に敢え無く政権崩壊。自民党政権後は、熊本大震災と大災害、更にはモリカケ問題等々、北朝鮮問題と試練が続く安倍政権。課題は山積しております。
 アベノミックスを掲げた現政権は、ようやく若干のインフレ傾向にはあるものの、道内における景況感は依然として停滞気味。相変わらず個人消費は浮上しません。
 団塊の世代がここ2〜3年で実質的引退をしてから、少子化もあいまって生産年齢人口は激減。あらゆる企業で人手不足感を醸し出しております。その結果、事業承継については、北海道は70%以上の企業は後継者がおらず、廃業・倒産、M&Aと、事態は深刻です。
 さて、こんな時代を如何に乗り越えるか・・・・。わが社も若い世代と共に日々知恵を絞っておりますが、白いキャンバスにいくら立派な絵を描いても、現実とは遠いものになってしまいます。実りある未来を実現するためには、柔軟に強かに、日々決めたことをコツコツ粘り強く実行することが不可欠であろう思います。

 
posted by あうる at 08:37| Comment(0) | 事件
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: