2017年04月11日

オルタナティブ・ファクト

 最近、トランプ大統領陣営でよく使われる「オルタナティブ・ファクト」という言葉。意味は<代替的事実>とか、<もう一つ真実>とか・・・・。端的に言えば、嘘そのもので、ある意味では何処にでもある井戸端会議的な話と言ってしまった方が、分かりやすいのかもしれない。
 ツイッタ―を使った瞬時の呟きやほとんど個人的な見解としか思えない好き嫌いだけを基準にして発言している僅か140字以内のコンテンツ。内容を推敲したり、相手を忖度する時間などあるはずもない。
 トランプ大統領就任以来、日常茶飯事的に国の代表者がツイッターを使う。もうすっかり世界の首脳たちは丸ごと井戸端会議に巻き込まれているようだ。
 先日、女流作家が新聞紙上で次のように書いていた。気に入った情報こそが「事実」であり、我々は言葉が正しい意味で事実であることが、価値を持たない現実を目の当たりにしている。事実が意味を持たない世界は、公正も正義もない。と・・・・・。
 確かに国同士の主張は、それぞれの国の都合で捉える事実(!?)をもとに繰り広げられ、正当化されている。どの時代も依然から似たような現象は起きていたと思うが、ICTの発展により媒体の多様化がさらに進み、報道のスピード、短絡化、無責任化連鎖は全く止まる気配がない。
posted by あうる at 13:49| Comment(0) | 政治
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: