2017年03月30日

稀勢の里、二連覇おめでとう!琴奨菊、頑張ったぞ!

 26日の大相撲春場所の千秋楽、大方の予想に反して横綱・稀勢の里の大逆転優勝となった。ここ数年相撲ファンを裏切るだけ裏切ってきた稀勢の里。先場所の優勝に続き、二場所連読の優勝である。専門家も日本中の相撲ファンも照ノ富士の優勝を信じて疑わなかったというのが本音であろうと思う。
 今日の報道によると、日馬富士戦での左肩付近の負傷は、左上腕の筋損傷で加療1ヶ月とのこと。それにしても13日まで死角らしいところがなかっただけに、日馬富士戦で転げ落ちた後の痛がりようを観てる限りでは、観客席の雰囲気は絶望的であった。
 そして出場を決めたよく鶴竜戦の2敗目。相撲内容から云って絶望のがけっぷちである。あれだけプレッシャーに弱い、下位の力士に取りこぼしか多い、相撲の読みがない等々、浴びせられるだけ浴びてきた非難や失望と嘆息の無言の嵐に耐え続けたここ数年。失意のどん底にあるかと思えば、妙にサパサパして見えたり、稀勢の里という青年は、決して憎めない関取なのである。その性格の良さや腰高と言われ続けた下半身も、今では逆転劇の根幹であるとまで言われるのだから、ある意味では勝てば官軍なのであろう。
 いづれにしても2016年1月場所に日本中を沸かせた大関・琴奨菊の初優勝。2016年9月場所で全勝で初優勝を果たした大関・豪栄道。稀勢の里2連読優勝の原動力は、前述の2横関の優勝であることは間違いないであろう。特に今回大関復帰を果たせなかった琴奨菊には、本当によく頑張ったと言いたい。まだまだ続けてほしいね!
posted by あうる at 15:48| Comment(0) | スポーツ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: