2017年03月27日

彷徨える遺骨!?

 最近「無葬社会」という言葉を耳にする。先日、日経で「無葬社会」についての特集が組まれており、関連の本も多数出ている。少子高齢化が益々明確になり始め、あと10年以内に多死の時代を迎えるというのだ。したがって葬儀の仕方も墓の在り方も全く変わってくるようだ。
 誰もが仏様を粗末にしたいとは思っていないであろうが、都会での一人暮らしの高齢者の中には地縁・血縁のないまま、死を迎える人が少なくない。その数、2030年には2700万人に達するだろうと言われている。
 現実問題として「火葬待ち」「遺骨の行方」についても、しかるべきところでは処理できない状態になっているという。加えて業者頼みの簡略化された葬儀が、血縁を弔うことの希薄さにますます拍車をかける。決して死を軽々しく思っているわけではないと思うが、それなりの葬儀の手続きを踏むとなると、時間もお金もかかる。
 将来の不安にさいなまれる世代にとっては、葬儀代や墓を建て維持することは、大きな負担である。かつては身内の葬送や一族の墓守は、当たり前のように長男がその役割の多くをこなしてきたが、少子化と更なる高齢化でひと家族にかかる負担が大きくなってきた。
 東日本大震災以来、地縁・血縁の絆がかなり問題視され、地域における絆回復の兆しも見え始める一方で、都会の水面下では猛スピードで高齢化が始まり、骨壺が電車の荷台に置きに忘れ去られたように放置されたり、引越しした人の押し入れの中から骨壺が出てきたり、行き場の失った遺骨が彷徨い始めているのだ。
posted by あうる at 17:27| Comment(0) | 冠婚葬祭
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: