2016年11月10日

意外な結末。

 昨日夕刻にトランプ新大統領の決定が報道され、一夜明けて、今朝の新聞はトランプ新大統領の記事で埋め尽くされている。いまだに信じ難いが、各メディアの言う通り、隠れトランプ支持層が政党・年齢・所得・男女の枠を超え、あらゆる層に広がっていたのだろう。つまり様々な思惑から人前で本音を言わなくとも、国を左右する1票にしっかり本音を投じたということであろう。ある意味で隠れトランプ支持者を含め、土壇場でクリントンへ”NO”と言った人たちは、今までの政権への底知れない怒りの表れともいえる。
 移民で成り立っている国であろうとも、誇り高き白人や裕福層には、当然建前と本音があっても何の不思議はない。ユーロ―圏の移民問題とは、規模も歴史も違う。一国の政治に携わる人が、いとも軽々しく本音を言ってはならないと思う。むしろひとりの人間として、如何に建前に本音を近づけるか・・・・、そんな理性的な思考をする努力が必要であろうと思う。
 そもそも今回の選挙戦は、公開討論会とはいえ、単なる罵り合いの域を出ていない。その意味では劇場的で面白かったが、トランプ氏の本音に同調する人たちが、想像以上に多かった。加えて土壇場でキャスティングボードを握っていたのは、本音を言わない隠れトランプ支持者だったわけだから、皮肉な結末だともいえる。
 いずれにしても日本も含め今後の米国対応はどの国も悩ましい。この選挙戦でトランプ氏は政策らしい政策をほとんど発信していない。今後、日本と様々な論議をするにしても、非常に厳しいものがある。何故ならトランプ氏の場合、事前の知識が乏しいがゆえに独善的で皮相な発言になっているのだから・・・・。
posted by あうる at 10:19| Comment(3) | 政治
この記事へのコメント
林下英二さま
御無沙汰しております。久しぶりに訪問しました。お元気で何よりです。

米国大統領選ですが、私の友人の藤井某氏は何か月も前からトランプ氏の当選を語っていました。彼はコンサルタントで米国の各州を回ると家の庭にプラカードでTRUMPと掲示していることが多く、これは今までの大統領選では考えられないと言っていました。マスコミの情報操作と工作の失敗だと思います。
Posted by 伊藤重行 at 2016年11月10日 12:57
 伊藤先生、こんにちは。お久しぶりです。マスコミの行ってきた支持率の信憑性って何なんでしょう。とにかく驚きました。結局、トランプさんは、多くの米国民の本音を代弁していたわけですね。
 ところで伊藤先生は、現在も横浜におられるのですか?
Posted by 林下英二 at 2016年11月10日 13:49
林下英二さま

メール拝読。今のところ後2年ぐらい横浜と福岡を往復しています。吉田松陰系列の松蔭大学に現在います。伊藤重行
Posted by 伊藤重行 at 2016年11月10日 19:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: