2022年10月31日

3年ぶりの同窓会!

 先日、3年ぶりで高校の同窓会に出席した。思えば、コロナ禍の3年余り、同窓生や恩師に多くにお会いしないまま、過ずごしてきたことになる。その間亡くなられた方も10人余りおられるし、ご存命でもお会いできない状況下にある方もおられる。
 いずれにしても3年間という歳月は、「石の上にも3年」という諺があるくらいだから、長い辛抱の時間を意味するが、別の言い方をすれば、烏兎怱怱(うとそうそう)、光陰矢の如しという言葉で表すと、コロナ禍の3年間という歳月は、時の移り変わりの速さの象徴的な3年間だったともいえる。

 身内や親しい知人友人・恩師等々、会うこともなくまた葬儀に出席することもなく、お別れした方々も少なくない。そのことを考えると、以前に比べ同窓会参加者が減少したとはいえ、300人近い同窓、恩師が出席され、それでも参加者の20%ほどの方々とお話しでき、旧知を確認することができたのは、大変ありがたかった。

 3年という歳月により、悲しいかな、大先輩の不参加が目立ち、反面勢いのある若い同窓生の参加者が目立った。ありていに言えば、歓迎すべき新旧交代の時期を迎えたのかもしれない。

 3年間待ち続けた幹事期の皆さんにとっては、厄介なコロナ禍だったであろうし、気の抜けない3年間であったと思う。それでも細心の注意を払い300人近い同窓生を集められたのは立派なことだと思う。幹事期の皆さんは勿論のこと、彼らを支えた多くの関係者(ホテル関係者を含めて)に心よりお礼を申し上げたい。光星学園同窓会総会・懇親会」の開催、ありがとうございます!そして、おめでとうございます!


 
posted by あうる at 08:42| Comment(0) | 交友

2022年10月27日

泥縄!? 

 今回の臨時国会開催の答弁を聞いていると、ほぼ旧統一教会一色である。会期は12月10まで続く。答弁の内容を聴いている限り、自民党と旧統一教会との関係はかなり根深いものがあり、深刻である。

 個々の信仰の自由は、否定できないとしても、協会側が信者の皆さんから霊感商法とやらでの献金のほとんどは、在日の日本人からであり、その行方は、韓国なのである。特定の政治家が、献金等々のプロパガンダ役を果たしてきたとなれば、やはり由々しき問題であろう。

 今日の日経のコラムに国会答弁が、「泥棒を捕まえてから縄をなう」所謂、泥縄式になってきたことを懸念した内容を掲載していた。確かに、当該政治家の答弁は、言い訳、詭弁を超えた泥縄答弁と言われても致し方ない。

 内容が内容だけにテレビ・ラジオ等で中継を見聞きしている国民にとって、馬鹿にされたような気なするのは当然のことだと思う。有権者への裏切り行為であろう。昼のニュース番組は、日増しに泥仕合化し、結果、山際大臣が辞任を表明した。何ともオ泥オ泥シイ光景である。
posted by あうる at 10:11| Comment(0) | 政治

2022年10月18日

社長の雑記帳


posted by あうる at 19:01| Comment(0) | 来し方行く末