2022年01月13日

重たいドカ雪は辛!

 この時期に、雨交じりのドカ雪ときた。しかも2日連読。昨夜の屋根を滑り落ちる雪の音を聴きながら、明け方暗闇の外を眺めると、車も木々もすっぽり雪に包まれ、いかにも湿り気の多い重たい雪と言った感じ。高齢者が多い地域にとっては、とんでもない重労働を強いられることになった。
 
 気温は3月上旬の気候。春先の雪解け時に生じる春の嵐が、1月中旬に襲来するとは・・・・。予想だにしなかった。早朝の出勤後は、女房が時間をかけて雪かきをしてくれるので本当に助かる。お互い腰痛もちで週1回リハビリに通っている。高齢者夫婦の多くは、恐らく我々と変わらない健康状態だ。
  
 それでもご近所のお元気な年長者の気遣いや叱咤激励で、何とか女房も除雪を続けることができている。女房にも皆さんにも感謝!毎週金曜日には、町内でお願いしている除排雪をする業者の方が、根こそぎ雪を排雪場へ持って行ってくれる。
 
 コロナ禍の2年間、腰痛の悪化があり、思いもかけない胃の手術をしたり、挙句の果て、頼みの綱の女房まで腰を痛めることになった。そろそろ晩年に向け、極力無理をしないようにと、改めてお互い言い聞かせている今日この頃である。
posted by あうる at 12:27| Comment(0) | 健康