2021年07月31日

明日から8月。

 オリンピックが始まり、あれよあれよという間に明日から8月である。予想通り、コロナ感染者は倍増し始め、病院は医療崩壊寸前である。更に猛暑は北海道でも衰えず、連日の真夏日。上川管内幌加内町と下川町で37・3度、札幌市手稲区手稲山口で37・1度など観測史上最高気温だという。

 個人的には寒いより暑い方がいいが、変異したコロナ感染症が猛威を振るう都心では、湿気がが伴う猛暑に加え、自宅で過ごしても、マスクをした状態で外出しても、熱中症の懸念は避けられないであろう。

 5日から始まる札幌会場でのオリンピック・男子競歩、その後8日の男子マラソンまでに女子競歩、女子マラソンと続く。札幌はどんな天候になるか・・・、はなはだ心配である。いずれにしても1週間もせずに、その時期はやってくる。暑さ対策、コロナ感染対策は万全なのであろうか・・・・。

 人流があればコロナ感染は拡大する。オリンピックで競技関係者が集まれば、ワクチン接種者の少ない若者たちが、札幌に集中し、その後、観光気分で道内に散らばることにならないことを願っている。

 一番心配するところは、パラリンピックへの影響である。一人ひとりが県外への行動や旅行を慎むべきだと思う。更には人込みを避ける意識が最も大事であろう。厳しい試練を乗り越えてきたオリンピアン・パラリンピアンの方々のためにも、もう少し節度を以って行動したいものである。
posted by あうる at 12:01| Comment(0) | 事件

2021年07月27日

社長の雑記帳




posted by あうる at 19:01| Comment(0) | 来し方行く末

2021年07月26日

若いアスリートたちに期待。

 コロナ感染者が日々増加する中で、日本の金メダルラッシュは続いている。柔道、水泳等々。なんでも13歳女子が男子に続き、今回オリンピック競技として加わった新種の競技、スケボーで金メダルを獲得ようだ。男女共ここ1年の成績を見ている限り、決してしてフロックではなく、実力で勝ち取ったものであろう。

 スケボーのルーツはアメリカであり、その歴史は70年前に遡る。日本では10年前までは悪ガキ(失礼)の遊び位にしか思われていなかった感があるが、欧米ではプロフェショナルなスポーツとして「Xゲーム」等でも知られており、大変な人気スポーツなのである。年収億を稼ぐプロも珍しくないらしい。
 
 競技を見ていて思ったのは、若い世代中心なので、チャレンジ精神が旺盛で、上位にいても決して守りに入らず、また年齢人種の分断などほとんど感じさせない。お互いに尊重し合う姿勢、所謂、レジエンドに対するリスペクト精神に溢れており、観ていて清々しさすら感じた。
 
 あらため若い世代の日本人の礼儀正しさや心遣いを感じた光景だった。若いアスリートの世界では、確実に新しい風が吹き始めている。何とかコロナ感染の爆発が起こらないこと、そしてパラリンピック競技に繋いでもらいたいとを願うばかりである。
 
posted by あうる at 15:38| Comment(0) | スポーツ