2021年06月15日

忸怩たる思い。

 最近、このコロナ禍の中で二人の先輩が亡くなられた。心からお悔やみ申し上げたい。お一人は千歳でご商売をしながら、幾つかの文芸同人雑誌で活躍していた方だ。数多くの賞を受賞しており、人生の機微を描いた短編作品は、プロの作家として中央でも十分通用する方だった。ここ数年、闘病しながらも書き続けていたようだ。残念ながら、最近会う機会を逸したまま、逝ってしまった。70代後半だったであろうか・・・。心残りである。
 もうひと方は、同業社の大先輩である。若いころから会うたびに声をかけていただき、大変懐の深い方だった。仕事以外でのお付き合いも多かったが、いつも多岐にわたりお話を聞かせていただき、楽しく過ごさせていただいた。享年88歳である。ここしばらくお会いしていなかったが、急遽、訃報が入り、三々五々参拝者が訪れる中、焼香を上げさせていただき、お別れとさせていただいた。通夜は親類だけで執り行うという。合掌。
 私自身、ひと月前、若いころ世話になった義兄の葬儀にも出られぬまま、未だ慙愧の念に苛まれている。コロナか禍の下、「緊急事態宣言」で身動きが取れず、辛く苦しい想いをされている方々が、意外と多くおられることを実感している。
 コロナが収束するまでは、飲んで歌って楽しく過ごせないとの不満もあるが、医療崩壊で手術が延び延びになっておられる方や、家族や友人たちが見舞いにも行けない、葬儀にも出席できない等々、そんな人たちのやりきれない想いを、立場を変えて考えてみる必要もあると思う。
 
 

 
posted by あうる at 09:17| Comment(0) | 高齢者