2021年06月12日

街は疎の社会!?

 久しぶりに街に出た。勿論、不要不急ではない。「緊急事態宣言」のただ中、人も車も普段の半数以下。土日のデパートはすべて休業中だ。ただ食料品店、所謂デパ地下は営業中である。街中の大型店はおしなべて休業である。「疎の社会」だ。そんな中、用あって出かけたのだが、用を終えると脱兎の如く街を離れた。
 果たして「緊急事態宣言」は20日で終了するかどうか・・・・。感染者は全国的に減少気味だが、亡くなっている方は多い。あらゆる商売が厳しい状況にある中、コロナ禍ゆえに需要があり、繁盛しているビジネスもある。大小多くの企業は、苦戦しており、倒産、廃業の危機に瀕している企業もある。
 また感染当事者として生死を彷徨っている方、そしてそのご家族もおられる。感染医療に関り、日夜休まる眠る暇もない医療関係者もおられるだろう。国会議員以外の政治家は、あまり表(マスコミ・報道)に出てこない。党派を超えて、地域の議員さんたちの個々の奮闘ぶりを見たいものだ。
 ワクチン接種が始まり、安堵感が広がりつつあるが、東京オリパラの開催には、依然として賛否両論がある。がしかし東京オリパラ開催は目前である。感染症対策分科会の尾見会長の発言の語調は、厳しさが増しているものの、政治家の多くは、医療知見者の警鐘に耳を貸さない。悪い予想は、当たらないほうがいいに決まっているが、生死がかかることに関して、決して丁半博打はできないだろう。さてさて、もうしばらく心配が絶えない日が続きそうである。
posted by あうる at 22:43| Comment(0) | 政治