2021年02月25日

コロナ禍から1年―。

 私の周りでは、コロナ禍によるネガティブな兆しが、多岐にわたり表面化している。それは、個人的な問題だったり、企業の組織や業態変革の問題だったり、深刻なのは、自営に近い商売や企業存続の問題等々、可なり差し迫った課題を抱えている方々である。そしてさらに深刻なのは、若年層や女性の自殺者の増大である。
 1年以上に及ぶ経済の停滞、感染への不安、失職による生活苦や孤立無援の孤独感、そして政治への不信感や無力感等々、国民の多くは枚挙にいとまがないほど、行き場のない深い怒りを感じていることだろう。思慮のない議員・官僚の連日のスキャンダルは、いったい国民を何だと思っているのだろうか・・・・。
 意識の低い政治家を非難したところで、少しも前向きな策は出てこない。リーダーたる一国の総理には腹をくくり、倫理観を持って英断を下してほしいと思う。
 ワクチンができるまで世界中の多く人たちは、ワクチンの接種がある程度行き渡れば、収束の兆しが見えると信じていたのだが・・・・、そのワクチンにしてもなかなか量産や接種が儘ならないのが現状だ。
 かつてスペインイン・フルエンザが、終息するのに3年かかったと言われている。この手のウイルスは、手を変え品を変え、狡猾に変異して生き延びようとする。なかなか一筋縄ではいかない。
 新型コロナウイルスが、発生したしてから1年以上経過し、7月のオリンピック開催まで半年を切った。1部ではでは収まりつつあると楽観視している方もおられるが、専門家の中には、5月頃に第4波襲来を危惧する声も少なくない。
 3月以降の大都市圏の緊急事態宣言の解除、Go to travel再開の判断がオリパラ開催の決定的な判断基準になると思うが、果たして管総理はどんな結論を出すのだろうか・・・・。
posted by あうる at 10:49| Comment(0) | 経済