2020年09月04日

未来の予兆

 風は強く、生暖かい。曇天で湿度は高い。台風10号は九州の手前にあるというのに、全く以っておかしな天気だ。昨日、女房が、1匹300円のもの秋刀魚を買ってきた。焼くと表面がぼろぼろとなり、身も固く、ぼそぼそである。例年のものとはかなり違う。要するに去年の秋刀魚を冷凍したものである。
 今年は道東のサンマ漁は、海温が上がり、ブリが取れるくらいだから、我々が毎年食べている1匹100円程度の秋刀魚は無理だという。冷凍ものとは言え、何とかありつけただけでも、幸運だったかもしれない。
 それにしてもコロナ、猛暑、熱中症、台風災害と間断なく続く、我々にとって果てることにのない試練。加えて総理の辞任、派閥争いによる総理選、アメリカの大統領選等々と11月まで目は離せない。
 彼のドラッカーが言うには、「未来について分かることは、未来は分からないと言うこと。未来は現在と違うこと」この2つだけである。確かに過去を振り返ると、現在とは大きく違っている。当然、未来は今とは別な世界が広がる。その予兆は、何処かに必ずあるという。さて・・・。
posted by あうる at 14:25| Comment(0) | 来し方行く末

2020年09月01日

民意はどこに!?

 昨日で8月はおしまいです。私どものビジネスも4月以降、大苦戦を強いられているのが実情です。時間の経過だけがやたら速く感じるには、私だけでないと思います。
 ここ数日、一気に気温が10℃近く下がり、今日9月から5℃〜10℃近く回復するようです。かつての札幌は、お盆過ぎの8月中旬から秋風が吹く気候でしたが、ここ10年程の間にすっかり傾向が変わりました。こちらで残暑なんて言葉は、あまり使わなかったのですが、今では残暑どころか9月にも真夏日を感じる日も多くなりました。やはり温暖化による異常気象だと思います。
 さて一昨日、安倍首相の辞任が発表されました。11年前の民主党政権が誕生し、僅か3年足らずで3人の首相が誕生しました。この時も東日本大震災が発生し内閣は、迷走してゆきます。所謂、民意の反映しない内閣になってしまいました。
 今回の自民党総裁選挙は、全く民意が反映しない選挙だと自民党党員内部からの声があります。支持率37%の安倍内閣の政策等々を、そっくり引き継ぐ後継者選びになるようです。緊急時と称して、簡易な選挙手法を取るからだと思います。一体、民意はどこに行くのでしょうか?
 いづれにしても、コロナ禍の第2波が早めにおさまってくれることを願い、今日から始まる9月が新しい第1歩が踏み出したいと思います。
 
posted by あうる at 09:26| Comment(0) | 政治