2020年09月27日

コロナ禍時代の救世主!?

 コロナ禍の水面下で、かつてない生活苦に喘いでいる方々が続出している。非正規と呼ばれるアルバイトやパート等のフリターの方々は勿論のこと、正社員の方々も職を失うことで、彼らの当たり前の日常が存在しなくなった。住む家・部屋を失う方が増えているという。
 そのことにより、公共の支援が受けられないという現実がある。少数派であるがゆえに、あまり知られていないという現実。働く意欲があっても、会社が倒産しなくとも、企業存続のために、職を失う正規雇用者の方々は、決して少なくない。取り分け非正規雇用者への社会の扱いは、一層厳しくなっている。
 DX(デジタル・トランスフォーメーション)への移行は、そもそもIT技術の発展により労働人口減少をサポートするための前向きの手段として、推進されてきたはずだ。がしかし、予想だにしなかったコロナ禍の発生で、非接触の日常が余儀なくされ、テレワーク、リモート、オンライン等々のキーワードが、重視され始めた。これらはDEそのものであり、働き方改革のシンボルでもある。
 5年程前、「DX」が私の耳目に飛び込んできたころは、「DX」の言葉も意味もあまり理解されていなかったはずだ。その後、私が東京でDXに関するセミナーを聴いた時は、これからの時代を予想するキーワードになるだろうと言われていた。そして予期せぬ「コロナウイルス」の世界的な拡大。
 未来がどんなふうに変わっていくのは、誰も明確に予想することはできないが、働き方は着実に変わってきている。ウイズ・コロナ時代の到来で、DX推進のトリガーになったと言っても過言ではない。

 
posted by あうる at 12:19| Comment(0) | 来し方行く末

2020年09月22日

社長の雑記帳


posted by あうる at 19:01| Comment(0) | 来し方行く末

新内閣の行くへ―。

 9月16日に菅首相が誕生した。派閥の支持で当確間違いなしとは言え、誕生後の菅内閣の支持率は、64%と大変高い。菅首相自身の人気何か、自民党人気なのかそのあたり,よくわからない。
 菅内閣の当面の目標はコロナ対策と経済対策の両立というトレードオフの状態から脱却することである。海外では感染拡大を恐れず、経済政策を重視する傾向にあるが、ここにきて日本もようやく経済対策にアクセルを踏み始めた。
 他国に比べ日本の感染率が低いというデータが背景にあるからだと思うが、コロナ対策を徹底して行えば、当然、一時的な経済の停滞を生む。ただし、それが3月以降の日本のGDP▲27%という結果であろう。やはり、菅内閣は両面の対策を取らざるを得ない。。 
 安倍首相の辞任が発せられたときから、しきりに新内閣の早期解散が叫ばれている。菅内閣支持率64%に乗じて、コロナ対策である程度の成果を国民に示さずに解散をすると、選挙は、決して高い支持率通りの結果は、出ないであろういというのが大方の予想のようだ。となると解散は先の話ということになるか。
 
posted by あうる at 08:15| Comment(0) | 政治